スーパーのおやつ売り場ですごいポテトチップスを見つけました。North Colors(ノースカラーズ)のポテトチップスで、表には純国産ポテトチップスとあって
北海道産のジャガイモが100%
北海道産オホーツクの塩が100%
揚げ油は国産の米油100%と書いてあります。

 

North Colors(ノースカラーズ)のポテトチップス 1

 

シンプルな塩味の他にゆず風味があったり、黒胡椒風味もあるようです。

 

North Colors(ノースカラーズ)のポテトチップス 2

 

ここまで拘っていますから、もちろん化学調味料や人工甘味料、香料などの添加物は一切入っていません。
他にも同じように添加物はなく国産に拘ったポテトチップスはありました。
しかしこのポテトチップスで感動したのは、実は他にも理由がありました。

 

ポテトチップスに感動した訳

 

このポテトチップス、裏には国産の材料を使う理由が書かれています。
「安心安全な国産の原料の普及と食料自給率の向上を目指している」と書いてあります。

 

North Colors(ノースカラーズ)のポテトチップス 3

 

日本の国内全体での自給率の低さはよく言われます。
平成26年度も前年同様にカロリーベースではたったの39%に留まっています。

 

平成26年度自給率
出典 農林水産省

 

もし世界中で作物が採れなくなり輸入量が激減したらどうなるのだろう、と心配になってしまう数字です。
因みに農業大国と言われるフランスの自給率は129%、カナダやオーストラリアは200%以上も生産しています。素晴らしいですね。

 

世界自給率
出典 北陸農政局ホームページ

 

日本ではどうも1次産業の農業や漁業、林業はどちらかといえば地味な存在で、次世代の人材確保が難しいと聞きます。1次産業は人にとって基本となる大切な産業ですから、もっと大事にされて産業が発達するよう法律の部分でも守られていくべきではないでしょうか。



ここまで考えられたポテチに更なる感動

 

そしてもう一つ、裏に書かれていたこの内容に感動しました。

 

North Colors(ノースカラーズ)のポテトチップス 4

 

使用する植物油脂を国産の米油にしているもう一つの理由です。

現在多くの加工食品に使われているパーム油は、アブラヤシから摂れるものです。
これは熱帯雨林に生えるヤシです。つまりはパーム油を使う事は、輸出する原産国の森林の破壊に繋がっているのです。

森林がなくなるということは野生の動物の住処を奪う事になります。
先住民族はもとよりゾウ、そして特に世界的に個体数が激減しているトラが犠牲となっています。

 

wwf
出典 WWF会報誌 2015年 winnter号

 

このように地球環境のことまで書かれている食品は、一般的なスーパーに並んでいるほとんどの商品で見ることはありません。
しかしこのようなメーカーもあるのだということに感動し、応援をしていきたいと心から思いました。

 

ノースカラーズ 純国産ポテトチップス 塩 60g

 

もちろんお味は大変おいしく、脂っこくもなく直ぐに一袋完食ですよ^^