薬用と書かれている日用品が陳列棚に多く並んでいます。特に最近では、歯磨き粉で薬用と書かれているものが目につきます。

一般的に多くの歯磨き粉には危険な成分が含まれています。
(詳しくはこちらの記事へ↓
【注】歯磨き粉を飲みこんだら毒物コントロールセンターへ

しかし薬用歯磨きならどうでしょうか?薬用と言うくらいなら、有効成分と安全な成分だけで出来ているかもしれませんよね。

 

薬用歯磨き粉 原材料

 

しかし調べてみると、残念ながら危険な成分も入っていました。詳しく見ていきましょう。

 



 

プロピレングリコール(PG)

 

歯磨き粉に入っている保湿剤のプロピレングリコール(PG)はもともと表示指定成分であり、危険だと言われているものです。
(表示指定成分について詳しくはこちらの記事へ↓
表示指定成分って何?医薬部外品に書かれる成分とは?

これはさほど危険性のない物質だとされていますが、そうではないという意見もあります。

アメリカの癌予防連盟会長のサミュエル博士の著書「ガンからの警告」によると、プロピレングリコールはアレルゲン(接触感作物質)となるものの中に入っています。

プロピレングリコールの特徴のひとつに、経皮吸収を促す物質であることが挙げられます。経皮吸収とは皮膚を通して何らかの成分が体内に浸透・吸収することです。これは医薬品にも使われています。

経皮吸収する有害成分

たとえば湿布などに含まれ、薬剤の吸収を促す成分として使われたりしています。
プロピレングリコールによって有効成分が早く体に吸収される反面、好ましくありませんが、同時にその他の成分も吸収されやすくなるわけです。

薬の場合は治療が目的ですが、日用品、メイク用品等は無意識に日々経皮吸収していると考えられています。
医療において意図的に何らかの成分を経皮吸収する場合とは違い、日用品に含まれているあまり好ましくない成分も、プロピレングリコールを入れることで体の中により早く吸収されてしまいます。
(経皮吸収について詳しくはこちらの記事へ↓
経皮吸収ってなに?日用品や化粧品が肌から浸透してるの!?

 

そして考えなくてはならないのが、いつの間にか歯磨き粉を飲み込んでいる可能性があるということです。皮膚を介して吸収される経皮吸収よりも、口の中のの粘膜吸収の方が、吸収されるスピードも早く更に危険です。

粘膜吸収

良い成分も悪い成分も関係なく吸収力を高めてしまい、また安全性に疑問のあるプロピレングリコールは、歯磨き粉には入れて欲しくないですね。

 

ラウリル硫酸ナトリウム

 

プロピレングリコールと並び、もう1つ目につくのは、発泡剤として入れられているラウリル硫酸ナトリウムです。

ラウリル硫酸ナトリウムは合成の界面活性剤で、こちらも表示指定成分です。とても強力な洗浄力を持ち、皮膚の保護機能にダメージを与えます。
皮膚にダメージを与えるという事は、同時に皮膚から他の有害化学物質も容易に通してしまうということです。

飲みこんだり皮膚に触れると有害な他、環境への影響も心配されるところです。本来、環境に流してはいけないような物質なのです。

 

ラウリル硫酸ナトリウム (1)
出典 国際化学物質安全性カード 加工して作成

 

歯磨きの後は誰だって洗い流すでしょう。歯磨き1回に含まれるラウリル硫酸ナトリウムは、ごくわずかな量かもしれません。しかし歯磨き粉を使う全国、全世界の人が、毎日水に流しているのです。全てを合わせるとすごい量になるでしょう。

ラウリル硫酸ナトリウム入りの製品を使うことで環境が大きな被害を被るという事実を、しっかり考えなくてはいけません。

泡立ちが良ければ、確かによく歯を磨いた気になりますね。しっかりした泡立ちが気持ち良いということで、商品は売れていきます。しかしその爽快感のためだけに、このような発泡剤が歯磨き粉に入っていて良いのでしょうか。

 

いくら薬用成分があっても危険成分の方が多い

 

その他にも表示指定成分は、酢酸トコフェノール、香料と続きます。

分類的には、湿潤剤、清掃剤、発泡剤、薬用成分、香味剤、粘土調整剤、安定剤、粘結剤、清涼剤、洗浄剤、コーティング剤とあり、全部で24種類の成分が入っていました。
どのメーカーの薬用歯磨きでも、中身にさほど相違はありません。

薬用歯磨きと謳っているメーカーさんに電話で確かめました。
薬用の成分について尋ねると

「歯垢を分解するデキストラナーゼと、虫歯を修復するフッ素を入れているので、医薬部外品です。」

とのお答えでした。
表示指定成分などの危険な成分の事には一切触れません。

いくら良い成分を2つ入れても、これほど多く危険な成分を入れていては、逆に体に良くないのではないでしょうか?寛大に考えても危険性の方が高いと思います。

薬用成分をひとつふたつ入れるだけで、他にいくら危険成分が入っていたとしても、堂々と薬用と謳って医薬部外品として売り出せます。

「薬用」と書かれたら、消費者の目には良い歯磨き剤のようにしか見えません。
有害物質が含まれ、それが病気を引き起こす原因になるかもしれないとは書かれていないのです。

 

歯磨きをする子供

 

製造メーカーは、イメージ戦略で製品をアピールしていかなければなりません。
本当に残念な事ですがきちんと中身を知って安全な選択をしていかなければ、病気のリスクのある日用品や化粧品などを使う羽目になります。「薬用」「医薬部外品」という名前に安易に飛びつかずに安全なものを選ぶ目が必要です。

ちなみにメーカーが薬用成分だと主張するフッ素ですが、現在はこのフッ素も問題視されています。フッ素を入れると再石灰化になると言うのですが、逆にフッ素症という病気になる恐れがあるのです。
メーカー側は薬用と言いますが、人によってはフッ素の入っていない歯磨き粉のほうが良いと思うのではないでしょうか。どれが危険でどれが危険じゃないのか、しっかり調べて物を選ばなければいけない時代になっているのです。

 

歯磨きは毎日の習慣です。チリも積もれば、と言いますね。未来の自分の健康を守るためにも、歯磨き粉には要注意です。購入前にはパッケージの成分表示をきちんと見て、危険な成分が入っていない歯磨き粉を選んでくださいね。

毎日使う歯磨き粉は私はこちらを選んでいます。

 

トゥースペースト

 

爽快感もあり少量で泡立ちも良く、少量で済むため1本で数か月も持ちます。
安全はもちろん、お財布にも嬉しい歯磨き粉です。

合わせてこちらの関連記事もぜひどうぞ。
【注】歯磨き粉を飲みこんだら毒物コントロールセンターへ