まだ廃止にならないの!?子宮頸がんワクチンの危険性

ここ数年前に、テレビでもどんどん打てと宣伝していた子宮頸がんワクチンは、ある日突然すっかりなりを潜めました。
「そういえば、急にCMをしなくなったなぁ」と思われる方も多いでしょう。

注射器

それは、子宮頚がんワクチンを接種した若い娘さんたちに副作用が出たからなのです。それは想像を超えるものでした。
歩行困難や不随意運動、記憶障害など、考えられないほどの障害が出ています。ニュースにもなりました。

 

出典 hirokana6066

 

子宮頸がんは予防できる癌であるとして、盛んに宣伝をしていました。
親御さんたちも娘さんの健康を考えて、将来の予防の為にとワクチンを打たせました。
国の言う事を信じ、たくさんの女性がワクチンを打ったのです。

でも実は子宮頸がんのウイルスは、元々とても弱いウイルスです。
もし仮に感染したとしても自然に消滅しますし、通常の免疫を持っている人なら体が簡単にウイルスを殺すので、子宮頸がんになる事はまず無いと言われているのです。

 

 

日本人には効果も薄く、副作用の方が大きい

 

子宮頸がんに使われるワクチンは、アメリカのメルク社のガーダシルと、イギリスのグラクソ・スミスクライン社のサーバリックスのどちらかです。

子宮頸がんにはいくつもの型があります。インフルエンザにA型やB型があるのに似ていますね。
そしてこのふたつのワクチンは、子宮頸がんのHPV16型とHPV18型に予防効果があるとされています。

ヨーロッパやアメリカではHPV16型とHPV18型に罹る人が多く、対する日本人が、最も多く罹る型はHPV52型とHPV58型です。

どちらの製薬会社も、HPV16型とHPV18型に対してすら、「自社のワクチンではHPV16型とPV18型すべてを予防することは出来ないと主張しています。

下図はサーバリックス添付文書です。
摂取する量が決まっており、 劇薬と明示されていることと、HPV16型とHPV18型以外には予防効果はないと書かれているのが確認できます。

 

サーバリックス添付文書
出典 グラクソ・スミスクライン株式会社 加工して作成

 

このワクチンを日本人に接種しても、日本人に多い子宮頸がんの型が違うため日本人への効果は期待出来ません。

このようなマイナスの事実は国は言いませんでした。
かなり予防ができると思わせるような宣伝内容だったと記憶しています。

 

子宮頸がんワクチンの副作用と医療詐欺

 

日本の厚生労働省のホームページでも子宮頸がんワクチンの副作用(国は副反応という柔らかい言葉を使っています)について、表で書かれています。
関節痛や頭痛などの痛みや失神等の他、アナフィラキシーやギラン・バレー症候群等の病気も引き起こすとあります。

 

子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応について
出典 子宮頸がん予防ワクチン Q&A|厚生労働省 加工して作成

 

今日本で使われている子宮頸がんワクチンは、アメリカのカーダシルが 3割、イギリスのサーバリックスが 7割です。
今回日本人に使用されたガーダシルは、アメリカで過剰に生産してしまったものを、日本をはじめとし、世界各国に売りさばいたものである。…という見解もあります。

もしそうであったのなら、急遽広まった子宮頸がんワクチンも、政治的圧力や利権絡みだった可能性が出てきます。

 

医療詐欺はこれまでも、そして今なお存在している

 

1980年代には、血液製剤にエイズウイルスが混入していたことが分かっていながら、血友病の患者に薬剤を投与し、多くのHIV患者とエイズ患者を生み出してしまいました。
日本ではこの時、アメリカよりも2年以上対応が遅れました。

アメリカに限らず日本でも医療に関して不正行為、医療詐欺は後を絶ちません。

子宮頸がんワクチンはその副作用に、今も大勢の人たちが苦しんでいます。
これが利権が絡んだ政治的な理由でのワクチン接種であったのならば、大問題です。

 

出典 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会

 

こんなにも辛い思いをされている方が大勢いるのです。

なのにワクチン接種を勧めた当事者である国は、副作用の後遺症で苦しむ若い女性たちに対する見解を「ワクチン接種時の女性たちの心理的な不安が副作用の原因ではないか」としているのです。

大勢に非難されてから、心身反応という言い方はしなくなったようですが、「ワクチンの副作用ではない」と、「心の問題」だと、国は明らかに逃げる姿勢でいるように思われます。

しかしながら、副作用に苦しむ女性が増えたからでしょうか、厚生労働省はHPVワクチンの相談窓口を設けました。(連絡先電話番号 0263-37-2050)

 

厚生労働省 HPVワクチン相談窓口
出典 厚生労働省

 

さらに現在は(廃止にはなっていないものの)ワクチン接種を勧める体制を改めました。

 

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ
出典 厚生労働省

 

これは問題が大きくなっている証拠ではないかと思います。
隠し切れない事実だということです。

 

薬やワクチンは「強力な化学物質」であることを忘れない。

 

テレビのCMが無くなったとはいえ、ワクチン接種自体が無くなった訳ではありません。医療機関に尋ねれば、子宮頸がんワクチン接種は今でも出来ると言うのです。

 

子宮頸がんワクチンは新しいワクチンです。
十分な効果や副作用についてはまだ完全にはわかっていないと言っても過言ではないでしょう。

もし子宮頸がんワクチンをお考えなら、必ず成分を調べてから利用することが大切です。下調べをされて納得した上で接種した方が賢明だと思います。副作用が出ても、誰も、国も、助けてはくれません。

「自分には副作用が出るはずがない」と、誰もがそう思っています。
しかし副作用は決して 0 にはなりません。

ワクチンに限らず、どの医薬品も本当の情報が渡されないまま、一方的に接種を勧められるのが現状です。

私たちは、ワクチンや医薬品の中身にもっと慎重になり、理解する必要があります。
薬を飲む時やワクチンを接種する時は、十分に調べてから行う方が賢明かと思います。

何かあってからではもう取り返しがつきません。

 

最後に、2013年3月に行われたHPVワクチン(サーバリックス、ガーダシル)についての厚生労働委員会質疑の動画を載せておきます。

 

出典 はたともこ議員

 

究極の化学物質は医薬品と言えるのではないでしょうか。
危険なワクチンは早く廃止にしてほしいと思います。

子宮頸がんワクチンについて分かりやすく質問形式にまとめているところがありましたので、そちらもご紹介しておきます。こちらもどうぞご覧になって下さい。

薬害オンブズパースン会議 Medwatcher Japan







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ