殺虫剤要らず!いつもは捨てる「アレ」で簡単コバエ対策

気温が上がってくると、主婦として困るのは、生ごみにコバエなどが発生することです。
ビニール袋をしっかり縛ったつもりでも、コバエはどこからともなくやってきます。

殺虫剤の多くは農薬が主成分です。
農薬を家や庭に散布することになって危険ですし、私としては殺虫剤は出来るだけ使いたくありません。

コバエ対策

ですから毎年いろいろな工夫を試しています。
今回はその失敗例も成功例もお見せしようと思います。

 

 

コバエ対策その1 天然アロマオイル

 

ゴミのところに天然のアロマオイルを垂らす作戦です。
虫の嫌うユーカリペパーミント、ゼラニウム等を試しました。

 

アロマ

 

これはかなりコバエが減りましたが、一旦増えてからはなかなか効果が上がらず、この対策は早くから行う方が良いかもしれません。
コバエも減ったし失敗ではないのですが、いつもアロマを垂らす必要があるので、つい忘れてしまう私には向かない対策かもしれませんね^^;

 

コバエ対策その2 虫取りリボン

 

昔のオーソドックスな虫取りリボンも試してみました。

 

虫取りリボン

 

まだスーパーが一般的ではなく、市場で各商店が並んでいる形式の買い物が主流だった頃、よく見かけたハエ取りリボンです。
魚屋や、乾物屋の店でくるくる回っていたのを覚えています。
大きなホームセンターで2種類もあって、あまりの懐かしさに購入したのでした^^

さっそく外のポリペールの内側に設置してみました。
飛び回るコバエはかなり取れました。

蓋を開ける前に一度ポリペールをゆするとコバエが一斉に飛んで、運よく(運悪く?)ハエ取りリボンにくっついたコバエは退治できるのですが、100%とはいきません。
それに気をつけていても、蓋を開ける時に手にくっついてしまう事が何度かありました。
一番困ったのは髪についてしまった時です^^;

このハエ取りリボンは結局一年で御用がなくなり、失敗に終わりました。

 

コバエ対策その3 捨てるはずのジッパー付きのビニール袋

 

去年ふと思いついた生ごみの処理で、コバエ対策に成功した事例をご紹介します。
小麦粉や海苔やおかき等が入れられているジッパー付きのビニールの袋を使う方法です。

 

ジッパー付きのビニールの袋

 

普段は小麦粉も海苔もおかきも、消費したら外側の袋なんて捨ててしまうものでした。
これに野菜の切れ端や生ごみを入れて、しっかりジッパーを閉めてゴミの日まで日の当たらないところに置いておきます。
できるだけ一日一枚ぐらいのペースでゴミを処理するのがポイントです。

日本は何においても世界的に技術の水準が高い国です。
たかだか食品を入れるビニールの容器でも、細部まできっちりとした作りになっています。

ビニールの袋のジッパーは、きちんと閉めれば匂いが全然漏れないのです。
そうすると、コバエも寄ってきません。

ニオイ漏れなし リサイクルでエコ

これを実行しだしてから、去年は一度もコバエが発生しませんでした!

去年暑くなりだしてからこの方法を試し、ジッパー付きの袋が不足して困りました^^;
ですから今年は早めから、ジッパー付きの要らなくなったビニール袋を集めています。

捨てるものをリサイクルできて、殺虫剤も使わずに済む。
私としては大満足のアイデアです。
小さな事ですが、今年も梅雨頃から実行していて、なかなかイイ感じですよ^^
ぜひ一度お試しください♪







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ