生活の中にエッセンシャルオイル(アロマオイル)やお香などの香りがあると、心がなごみます。
リラクゼーションにはラベンダーをよく使いますが、次に私がよく使うエッセンシャルオイルはティーツリーでしょうか。

 

アロマ

 

こちらも生活の中で本当に活躍してくれるオイルです。

***はじめに***
エッセンシャルオイルはアロマオイルの中でも100%天然精油のものを言います。

 

風邪の予防、症状緩和に大活躍

 

ティーツリーは何と言っても、殺菌と消毒に関してエッセンシャルオイルの中でも群を抜いています。
免疫力を高めて感染症予防にも優れているので、冬の風邪やインフルエンザが流行る時期には欠かせません。

風邪・インフルエンザの時期に簡単な予防としてよく行うのは、部屋着なら衣類の裏側にティーツリーを1~2滴垂らすことです。これで風邪のウイルスが寄り付きません。
シミになって困る衣類なら、サシェかティッシュにティートリーを1~2滴垂らし、服の中かポケットに入れて出かけます。

 

サシェ

 

呼吸器系によく作用するので、もし風邪をひいてしまったら洗面器に熱めのお湯を張り、ティーツリーを数滴垂らして吸入すると良いでしょう。気管支炎、咳、痰、鼻水、のどの痛みが軽くなります。
洗面器の周りをタオルで覆い、ティーツリーの蒸気が鼻や口からいっぱい入るようにすると更に効果的です。

小さな子供さんで吸入がやりにくいようなら、マッサージオイル(トリートメントオイル)にティーツリーを数滴垂らして胸にやさしく伸ばしてマッサージすると良いでしょう。自然にじんわりティーツリーの香りが鼻から入って症状が楽になります。
マッサージオイルがなければお手持ちのハンドクリームや顔に塗るクリームでも代用できます。

但し5歳以下の乳幼児には、基本的にエッセンシャルオイルは使わない方が良いでしょう。子供さんの場合はエッセンシャルオイルは大人の使う量の半分が基本だそうです。

また試したことはないのですが(自分がこの病気になったことがないので)、膀胱炎、膣炎、カンジタ症にも良いと言われています。この場合は座浴にして使うようです。

 



 

肌にも嬉しい殺菌効果

 

皮膚の消毒、殺菌にも大いに使えるのがティーツリーです。
ニキビやいぼ、ヘルペスなどに活躍します。大体はマッサージオイルやマッサージローションに数滴垂らして患部に塗りこみます。

ティーツリーでは、いくつか実際に治った経験があるのでご紹介します^^

 

【体験談】蜂刺されにティーツリー

 

まず私の体験です。
私は真夏の朝の犬の散歩に、横着にサンダルで出掛けました。

公園のスロープをのんびり愛犬と歩いていたら、視界に何やら飛んでくるものが見えました。
それがなんと私のあげた足とサンダルの間に入ってしまい、歩いていた私はそのまま足を降ろしてしまったんです。
その時チクッと激痛が走り、あっという間に足の裏が腫れて歩けなくなりました。
蜂に刺されていたのです。到底歩いて帰ることはできません。

 

ハチ

 

幸いにも携帯を持っていたので主人に車で迎えに来てもらい、愛犬と一緒に家に帰りつきました。
その後どうしたものかとアロマオイルに詳しい友人宅に電話すると、「ティーツリー持ってる?原液を刺されたところに直接つけてみて!」と言われ、その通りにしたのです。
昼頃にはかなり腫れが引き、少し痛みはあるものの、夕方の散歩はちゃんと行けるまでに回復しました。

痛い思いはしましたが、アロマの効果に感動した経験です^^

 

【体験談】真菌にティーツリー

 

姪っ子の体験です。

姪はある日、ヘアサロンでハサミで頭皮を少し傷つけられたそうです。
それからしばらくするとその部分から頭皮がカサカサするようになり、カサカサが広がっていきました。
皮膚科に行くと、その部分が真菌に侵されていると診断されました。ヘアサロンでハサミが当たった時に菌がついたものだと思われます。

 

ヘアカット

 

皮膚科ではステロイド剤の軟膏を処方されました。
ステロイドの怖さを知っていた姪は、少し塗って痒みとカサカサが消えたのを確認し、その後すぐにステロイド剤を塗るのを止めたそうです。しばらくすると、また同じところがカサカサして痒くなります。
そして少しだけステロイド剤を塗り、また止める…この繰り返しで1~2年が経ちましたが完全には治りませんでした。

この話を受け、アロマオイルに詳しい友人に相談すると、そのカサカサ部分にまたも原液のティーツリーを塗るように言われたのですね。
そして言われた通りにしたら、なんと一回で完治してしまいました。
恐るべしティーツリー。薬よりよく効いたわ、なんて姪には喜んでもらえました^^

 

【体験談】水虫にティーツリー

 

今度は友達の体験です。
その日友達に会うとすぐに「ねえ、見てみて!」と両手を出してきました。
数本の指の爪の色が変わっています。

「私、爪水虫になったの。」と友達。

「爪水虫ははじめは一本だったから、他の爪に移らないように爪切りも変えなさいって病院で言われて大変だったの。」

病院では飲み薬を処方され、それを飲んではいるもののすぐには治らず、爪切りも別にしたのに、結局他の爪にも移ってしまったのでした。

「そこでね、アロマのティーツリーが菌を殺すってサトウさん(私です)が言ってたから、このティーツリーの原液を移った爪に垂らしてみたの。それで次の診察で菌を調べてもらったら、なんと菌はひとつもいなかったのよ!」

喜んで話してくれる彼女を見て、私もとても嬉しい気持ちになりました。
全ての水虫の菌を殺してしまうなんて凄いですよね。

 

ティートリー エッセンシャルオイル

 

但しティーツリーはまれに皮膚刺激の可能性もありますのでご注意ください。日本の(社)日本アロマ環境協会は希釈濃度は1%以下を推奨しています。

ティーツリーはまだまだ防虫効果など使い方がいっぱいあって、これからも新しい使い方を実践してみたいエッセンシャルオイルのひとつです。

アロマオイルを選ぶ際に注意したいのは、その内容成分です。
注意点と選び方についてはこちらへどうぞ↓
一滴のハーブも入っていないアロマはアロマと言えるのか?

 



 

注意

エッセンシャルオイルは使い方次第で、かなりの効果が期待できます。
元は植物でありながら全て安全という訳ではなく、どのエッセンシャルオイルも多少の毒性を同時に持ち合わせています。
使用の際は高濃度になりすぎないように、禁忌ではないかも同時にご確認ください。
日本の(社)日本アロマ環境協会では希釈濃度は1%以下を推奨し、3歳以下の幼児には芳香浴のみとしていることも併せてお伝えしておきます。