自家製の手作り燻製にハマっていまして、王道の豚バラ肉のベーコンはもう何度も作りました。こうなってくると他の食材も試してみたくなります。
と言うことでいくつか作ってみたのでご紹介したいと思います^^

 

スモークチキン

 

年に一度クリスマスシーズンにだけ販売される、トントンさんのスモークチキンを以前は楽しみにしていたのですが、少し前から取り扱いがなくなりさみしい思いをしていました。
トントンさんのスモークチキン、最高だったんです。

それを思い出しながら、地鶏ではないですが近所のスーパーの鶏もも肉で作ってみることにしました。

 

スモークチキン オリジナルレシピ

鶏モモ肉・・・・・・・2枚
酵素シロップ・・・・・大2
料理酒(花美蔵)・・・大1
塩麹・・・・・・・・・大1
醤油(イゲタ醤油)・・大1

ジップロップに鶏もも肉と全部の調味料を入れて冷蔵庫で3~4日なじませます。

 

 

前回同様にスモークチップを敷いてスモークする訳ですが(前回記事→自家製燻製に初挑戦。手作りオリジナルベーコンのレシピ備忘録今回は鶏肉ということもあり、桜ではなくもっと香りの優しいチップをチョイスしてみました。アメリカ産のヒッコリーのチップです。

 

LOGOSの森林 特選薫製チップ500g 燻製 薫製 燻煙

 

作り方です。

一番下にこのヒッコリーのチップを敷きます。
その上に五徳を置き、金網も置いてアルミホイルを敷いて、上から落ちてくるであろう鶏肉の脂をここでキャッチします。これを省くとチップの上に脂が落ちてしまい、火がついて鶏肉が焦げてしまう恐れがあります。
(詳しくは前回の豚バラ肉の燻製ベーコンの作り方をご覧ください)

 

 

最後に一斗缶の上をアルミホイルできっちり覆い、蓋をしたらカセットコンロに火を付けます。強めの中火といったところでしょうか。

 

 

豚バラ肉と違い厚みが少ない鶏モモ肉ですから、燻製に要した時間はおよそ2時間ほどです。
火を消し少し冷ました後に、ふたを開けるとこのように出来上がっていました。

 

 

お味ですが、絶品でした。
食べ始めるともう箸が止まりません♪



スモークサーモン オリジナルレシピ

ちょうど生の鮭が売られていましたので、こちらも燻製にすべく下味をつけます。
味付けは塩麹とローリエだけにしてみました。更に洋風に仕上げたいなら、これにもっとハーブを足すと良いと思います。

 

 

タッパーに入れて冷蔵庫に入れてやはり3~4日待ちます。
先ほどのスモークチキンと同様の方法で、スモークする時間は今度は50分ほどにしました。

鮭の横のすき間にプロセスチーズも一緒に並べてみます。

 

 

50分後の出来上がりはこんな感じです。

 

 

チーズはスモークする時間は10分~20分もあれば良かったようです。
50分は長すぎました、成功とは言えませんね^^;

チーズと言えば、スーパーではくん液という液体の添加物で香りづけされているスモークチーズを見かけます。

 

 

くん液は添加物と言っても危険性は取りざたされていません。しかし自分で実際に燻製して出来上がったチーズを食べると、美味しさ以上の満足感がありますね。(ビールのあてに最高です)

鯵やシシャモ等の干物も出来るかなと、燻製したいものが色々あります。
自家製の燻製はフライパンでも出来るそうなので、ご興味のある方は一度チャレンジしてみるのも良いと思います。(やってみたら、そう難しくはないですよ)

ぜひ自家製燻製の美味しさを味わっていただきたいと思います。