歯磨きの後はマウスウォッシュをしていますか?
出始めた頃に使ったきりですが、スッキリと爽やかな味と香りで良いなあと思ったものです。

マウスウォッシュ

今は薬用を謳う製品もありますね。薬用ですから、昔よりもっと良いものになっているかも知れません。一度調べてみましょう。

 

殺菌成分と有害成分が混ざり合うマウスウォッシュ

 

大手日用品メーカーの薬用マウスウォッシュです。

 

薬用マウスウォッシュ 原材料

成分
基剤 精製水
湿潤剤 濃グリセリン
溶剤 プロピレングリコール
可溶化剤 グリセリン脂肪酸エステル
香味料 香料(ソフトミントタイプ)、サッカリンナトリウム
pH調整剤 リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、
保存剤 パラオキシ安息香酸エチル
薬用成分 塩化ベンゼトニウム

 

薬用成分は界面活性剤

 

薬用成分の塩化ベンゼトニウムは、一般的に口の中を消毒するために使われる薬剤です。薬と言っても内容は界面活性剤ですが、殺菌の効果があるようです。しかし飲みこむと有害で、皮膚への刺激、水生生物への毒性などが懸念されています。

 

塩化ベンゼトニウム
出典  厚生労働省 職場の安全サイト 加工して作成

 

マウスウォッシュは口の中で使うものですから、ちょっとくらい喉を通ってしまうことだってあるでしょう。しかし飲みこんだ場合は有害だと書かれています。皮膚に付いたらよく洗わなければいけません。

 

塩化ベンゼトニウム 2
出典 厚生労働省 職場の安全サイト 加工して作成

 

それにマウスウォッシュは使用後に必ず吐いて流しますね。
塩化ベンゼトニウムの水生生物への毒性はもう分かっているわけです。なのになぜこのような成分を、海に流れると分かりきった製品に入れるのでしょうか。

もちろん毒性を薄めて製品化しているのでしょうし、1回や2回使ったところで、体にも環境にも影響はないと考える人もいるでしょう。
しかし毎日、何年も使い続けて、何億人もの人が毎日海に流し続けたら、体は、環境は、果たして大丈夫だと言い切れるのでしょうか。

薬用成分でありながら、このような危険を秘めているのです。



薬用成分以外の危険性

 

私が懸念するのは薬用成分だけではなく、その他に入っている

溶剤 プロピレングリコール
可溶化剤 グリセリン脂肪酸エステル
香味料 香料(ソフトミントタイプ)、サッカリンナトリウム
pH調整剤 リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、
保存剤 パラオキシ安息香酸エチル

等の成分です。

 

溶剤のプロピレングリコールは略してPGと書かれていたりします。

プロピレングリコールを販売しているメーカーの話では、これはそう取り立てて心配するような物質ではないと言います。
目に入った場合は良くないものではありますが、水に溶けやすい性質があるためすぐに十分な水で洗い流せば問題はないそうです。

一方でプロピレングリコールは他の試験機関でも目に対する刺激性は確認されており、発ガン性はないとか、 大量に経口摂取すると代謝性アシドーシスを引き起こすことがある等、様々な情報が飛び交っていることも確かです。アレルギーを引き起こすと言う専門家もいます。
これだけ安全性について意見が食い違うなら、はっきりと安全だとは言い難いような気がします。

 

プロピレングリコール自体の安全性について疑問はありますが、これの持つ特質の方が気にかかります。
と言うのも、他の様々な成分を体内に取り入れやすくするという性質を持つのです。マウスウォッシュに含まれる気になる成分も吸収されやすくなってしまいます。

マウスウォッシュは口の中で使うものです。ちょっとぐらい飲み込んだりしませんか?口の中の粘膜の方が皮膚より断然薄いですよね。
先の塩化ベンゼトニウムに対しても思いましたが、 このようなものをマウスウォッシュに入れて大丈夫なのでしょうか。

 

そしてプロピレングリコールは日本で危険だとされる表示指定成分のひとつでもあります。規制は緩めの日本が、これは危険だと認めた成分なのです。
口に使うものにそのような成分が入っているとは少し驚きました。
(プロピレングリコールについて詳しくはこちらの記事へ↓
保湿剤プロピレングリコール(PG)の危険性とは

 

安心できないその他の成分

 

香料もプロピレングリコールと同様に表示指定成分であり、国が人体への危険を認めているものです。

また食品安全委員会のpdf資料によると、サッカリンナトリウムは膀胱ガンになるという実験データがあるものの、人にそのまま当てはまるわけではないということです。
日本では食品には食品衛生法で決められた使用基準に基づいて使用が認められています。

 

サッカリンナトリウム 発ガン性
出典 厚生労働省

 

最後に、保存剤のパラオキシ安息香酸エチルはどこを調べても毒性はかなり低いとはありますが、低いだけで安全とは書かれていません。

 

日本は遠回しな表現を好む国です。

「危険性が低い」=「危険がないわけじゃない」

と捉えるべきかと思います。

 

安全なマウスウォッシュ

 

歯磨きだけで賄いたいところですが、やはり口の中が気になる場合もあります。そんな時は我が家では歯磨きの後、こちらのマウスウォッシュを使っています。

 

マウスリンス

 

安全な消毒成分とミント香りで口の中がスッキリ爽やかになります。
口の中に使うものですから、成分にこだわって選びたいですね。