自宅で簡単手作りゆかり♪でも買うと隠れた添加物がいっぱいで危険!

6月は梅干しやらっきょうを漬けたりして忙しい時期です。
子供達もできたての梅干しやらっきょうを楽しみにしてくれているので、作り甲斐があります^^
そして夏には、梅干しを漬けた後の赤しそではゆかりを作っています。

 

手作りゆかりふりかけ

 

この塩加減が家族のお気に入りで毎年作っているのですが、ゆかりのふりかけはどこのスーパーにも並んでいます。
自宅で作る時のように赤しそと塩と梅酢が原材料でしょうか?一般的なものを見てみます。

 

 

予想だにしていなかった砂糖まで…ゆかりの原材料

 

全く普通のゆかりです。
温かいご飯にかけたり、おにぎりにもいいですよね。

ゆかり 原材料

原材料 赤しそ、食塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、リンゴ酸

 

表示を見ると、予想だにしなかった砂糖が入っています。
一般向けには、甘みが入っていないと売れないのでしょうか。
ゆかりに砂糖はちょっと驚きでした。

 

調味料(アミノ酸等)…要注意添加物!

 

添加物としてリンゴ酸が入っていました。これには問題はないでしょう。
しかし、ゆかりにも入ってるのかとガッカリなのは、添加物である調味料(アミノ酸等)です。

調味料(アミノ酸等)はどれだけたくさんの成分を入れたとしても、1つの名前だけでひとまとめに表示することを許されています。複数の添加物を「調味料(アミノ酸等)」とまとめて表示しているのです。
つまり「調味料(アミノ酸等)」の中には数種類の添加物が入っているという事になります。
いったい何がどれだけ入れられているかは、私たち消費者には全く分かりません。
(一括表示について詳しくはこちら↓
「「保存料不使用」は本当?一括表示で消費者を欺く法の裏ワザ

現在、調味料(アミノ酸等)と一括で表示していい添加物は、実に56種類あります。

 

一括表示 調味料(アミノ酸等)
出典 消費者庁 加工して作成

 

この中から、いくつかを合わせて調味料(アミノ酸等)にするわけですね。
一種類や数種類で味を出そうとすると単調な味になるので、いくつかの成分を組み合わせることが多いようです。
このゆかりも、見た目はわずか2つしか添加物が入っていないように見えますが、実際にはもっと多くの化学物質が入っているということです。

 

たった一日で作れる安全な手作りゆかり簡単レシピ

 

ゆかりは梅干しを作る時に一緒に入れる赤しそを干してすり潰すだけで作ることが出来ます。
いくつ添加物が入っているか分からないものよりも、安心できるゆかりを作って食べるのが美味しいです^^

真夏のとても晴れた暑い日だと、たった一日で作る事ができます。

赤しそを取り出し軽く絞り、ざるなどに広げて朝から干しておきます。
途中で一度ひっくり返すと早く乾きます。

 

ゆかり 手作り

 

夕方にはからからに乾いていますから、粗めのざるで、手ですり潰すだけで簡単に作れます^^

その年の赤しそでゆかりを作れば着色料ナシでも、とても鮮やかなゆかりが出来上がりますよ。
前の年の赤しそだと色が少し悪いですが、酸味の少ない柔らかい味になります。

梅干し作りで残ってしまう赤しそをゆかりにしておにぎりに使ったり、お弁当に振りかけたり、無駄なく美味しく活用できますね。







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ