副流煙が子供に与える障害、PM2.5とタバコは同じ怖さ?

もはや誰もが知っている受動喫煙の恐ろしさ。
タバコを吸う本人よりも、傍にいる人の方が副流煙で危険に曝されているという事実は、もはや常識となりました。

 

タバコ

 

喫煙者が吐き出す煙はもちろん、カーテンや服に染みついた匂いですら有害化学物質なのです。

吸ってない人の方が悪影響を受けるのは納得できませんよね。
受動喫煙の急性の症状としては、眼のかゆみや痛み、涙、くしゃみ、鼻汁、喉の痛み頭痛、吐き気、咳、指先の血管収縮、心拍増加、皮膚温低下…など、様々な症状があげられます。

 

 

受動喫煙をPM2.5に換算すると…!?

 

ちょっと面白いデータがあります。
日本禁煙学会が出しているデータですが、受動喫煙を近年有名になったPM2.5に換算したものです。

PM2.5は草や木・化石燃料等の燃焼によって発生し、タバコもその例外ではありません。
大気中のPM2.5の濃度について、健康を保護する為に環境省は、「1年間の平均値が15µg/m3以下、かつ1日の平均値が35µg/m3以下」という基準を定めています。

大気中のPM2.5値が10µg/m3増えると心臓や肺の病気の死亡率が9%、肺がん死亡率が14%、全死亡率が6%増えるということですから、大変重大な数字と言えます。

 

PM2.5と死亡増加率

 

中国の北京ではPM2.5が400-900μg/m3まで達することがあり世界中が驚きましたが、実は日本でも年がら年中同じ環境にある場所が、全国どこにでも存在します。
それは、禁煙していない飲食店の店内です。

禁煙でない飲食店のPM2.5は、200-800μg/m ³に 達するとも言われています。
ファーストフード店、喫茶店、パチンコ店、駅の喫煙コーナー、狭い車の中などでの喫煙は危険です。

締め切った室内で喫煙しているご家族はいませんか?
受動喫煙の影響は大人より子供、子供より赤ちゃん、胎児の間も影響を受けます。もちろんペットもその例外ではありません。

受動喫煙が引き起こすと思われる障害で、子供に関するものを列記しておきます。

• 早産
• 小児がん・白血病・脳腫瘍
• 肺結核・呼吸障害
• 知能低下
• 難聴
• 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
• 虫歯
• 虫垂炎・クローン病
• アトピー性皮膚炎
• 低身長

大事なお子さんを守るためにも、お子さんのいるところでの喫煙はきっぱりやめて下さいね。







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ