サラダ油のモトは農薬が残留した遺伝子組換え作物

お料理にどんな油を使いますか?
料理によって変える方や、一つの油で済ませるという方もいらっしゃるでしょう。

スーパーでよく特売されている目玉商品のサラダ油。私はちょっと気になるのですが、「サラダ油って何の油?」と、そう思った事はありませんか?

 

サラダ油の原料は?利益を出すには安い原料が必要

 

日本の規定では、サラダ油の原料となる植物は次の9種類です。

 

菜種、綿実、大豆、ごま、サフラワー(紅花)、ヒマワリの種、トウモロコシ、米(米糠)、落花生

 

この9種類の原料のうち、2種類以上を混合したものがサラダ油になります。

 

サラダ油

 

この油を調合サラダ油と呼びます。
サラダ油はドレッシングやマヨネーズ等の原料となる日本独自の製品で、匂いやクセがないのが特徴でもあります。
全く問題ないように思えますが、サラダ油の中で一番多く使われているものは、一番安価な材料になります。アメリカ産の遺伝子組換えされた大豆です。

 

 

遺伝子組換えの未知の不安 + 高濃度の農薬

 

遺伝子組換えというところがまず問題ですよね。遺伝子組換えは除草剤をかけても枯れないよう、作物の遺伝子を操作して作り変え、以前より手間をかけずに作物を育てられるという新しい技術です。

新しいがゆえに、遺伝子組換え作物を原料とした製品を長く食べ続けた結果、人体にどう影響するかということは、はっきりとしたデータはまだ上がっていません。
遺伝子的には地球上では真新しい作物です。自然に生まれたものではなく、人間の手で、無理やり作り上げたものです。
そういったものを平気で食べて何十年と経った時、遺伝子組換えが原因でいざ病気になったとしても、誰も保証などしてくれません。

本当に安全な作物なのか、年月を重ねた時に牙をむく悪魔の作物なのか…
実際のところがわからない食べ物は、避けて通る方が賢明と言えるでしょう。

(遺伝子組換え食品について、詳しくはこちらをご覧下さい。
遺伝子組換えではありません」は本当?穴だらけの表示義務

ご参考までに、こちらもどうぞ。
遺伝子組み換え食品について詳しくわかる最新のDVDです。

 

モンサントの不自然な食べもの(DVD)

 

更にもうひとつ大きな問題が残っています。遺伝子組換えに加え、収穫時に蒔かれる農薬の恐ろしさです。

 

ベトナム戦争で使われた枯葉剤が残ったまま製品化

 

アメリカの畑は日本の畑のような広さではありません。農薬は飛行機で散布しなければならないほど広大です。
収穫も大きなコンバインで刈り取りますが、収穫しやすくする為に農薬で植物を枯らす作業をしています。それは枯葉処理するための農薬です。枯葉剤と言えば、ベトナム戦争で有名になった枯葉剤と同じですね。

収穫した後にかけた農薬は洗わないまま製品にしますから、絞った油に農薬が残ったままです。

遺伝子組換えの恐ろしさと、枯葉剤が製品に残ることを考えたら、サラダ油はちょっと怖いですね。

 

安全な食材を扱う団体はたくさんあります。

そういうショップで、混ざった油ではなくごま油やオリーブ油のような、原料ががはっきりわかる油を購入されることをお勧めします。

参考DVDはこちら

いのちの食べかた [ ニコラウス・ゲイハルター ]







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ