ラクトアイスは油でカサ増ししたアイスに似た不健康食品

アイスクリームは夏の食べ物でもなく、年中食べられるものになりましたね。

 

アイスクリーム

 

アイスクリームとアイスキャンディは区別がつくのですが、先日スーパーで見ていて気が付きました。ラクトアイスと表示されているのです。
アイスクリームにラクトアイスという種類があったのでしょうか?

調べてみると、食べてはいけない食事のひとつに挙げられている海外メーカーのアイスクリームと、それほど変わらない内容だということが分かりました。

 

 

3種類に分かれるアイスクリーム

 

どんな食品にも色んな団体がありますが、アイスには日本アイスクリーム協会があります。その日本アイスクリーム協会によると、アイスクリームの種類は次のように区分されています。

 

アイスクリームの種類
出典 日本アイスクリーム協会 

 

アイスクリームと言って良いものは乳固形分が15%以上の物を言うんですね。
乳固形分が10%以上だとアイスミルクです。
海水浴場や縁日で見かけるようなものがアイスミルクという分類に入るようですね。

確かにあのタイプは乳脂肪がアイスクリームよりは少ないです。
今回調べているラクトアイスは乳固形分が3%以上の物となっていますが、どの様なものなのでしょう。

 

ラクトアイスの成分はアイスクリームとどう違うの?

 

アイスクリームだと思って買い置きしていたものがありました。
ラクトアイスと書いてあります。
成分表示を見てみます。

 

ラクトアイス 原材料

無脂乳固形分 8.5%
植物性脂肪分 13.0%
卵黄脂肪分 0.5%
原材料名 糖類(砂糖、水あめ、ぶどう糖果糖液糖)、乳製品、植物性油脂(パーム油、ヤシ油)、卵黄、食塩、香料、安定化剤(セルロース)、アナトー色素

 

となっています。

無脂乳固形分 8.5%なので確かにラクトアイスの中に入る訳ですが、添加物のない安全なアイスクリームはどんな材料からできているのか、比較してみましょう。

 

安全なアイスクリームの香料は天然由来のバニラから

 

安心安全な乳製品を作られている事で有名な木次乳業のアイスクリームと比べてみましょう。
一番オーソドックスなバニラのアイスクリームの成分表です。

 

木次アイス 原材料
出典 木次乳業

原材料名 クリーム、生乳、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、香料

 

となっています。
安全で有名な木次乳業のアイスクリームなのに、香料の文字がありますね。
香料には安全なものと健康に不安なものがあります。
安全なものでありますようにと思いつつ、念のため問い合わせたことがあります。

 

木次乳業へ問い合わせ

 

問い合わせ内容は以上です。すぐにお返事がありました。

 

木次乳業 問い合わせの返事

 

さすが、もちろん安全な天然バニラから抽出した香料でした。
天然のもので安心できる香料であっても、表示には「香料」とだけ書かれていたのですね^^

 

ラクトアイスは植物油脂でカサ増ししたアイスクリームに似た物の事

 

アイスクリームの手作り経験があったら分かると思いますが、アイスクリームは基本的に牛乳と卵黄があれば作れます。
それに生クリームを加えるともっとクリーミーになりますし、砂糖を加えると甘みが増します。
本来はそうやって作るものがアイスクリームでした。

 

バニラアイス

 

いつどこでも安く手に入るラクトアイスは、コストのかかる無脂乳固形分を少なくしたことにより、その足りない分を植物性の油脂であるパーム油、ヤシ油等で補って作った、アイスクリームに似た食品です。

安定化剤(セルロース)は安全なアイスクリームには入っていませんが、上手く固まるように入れられているものです。
本来なら無脂乳固形分が多くあれば混ぜ合わせると自然に乳化され、添加物の安定化剤(セルロース)も必要ありません。
(安定化剤の代わりに乳化剤を使う事もあります)

甘みも、ラクトアイスは砂糖だけでなく水あめぶどう糖果糖液糖という安い甘味料を使っています。
ぶどう糖果糖液糖は異性化糖とも呼ばれ、その多くは遺伝子組換え作物のでん粉を使って作られます。でんぷんを化学的に甘い糖分に変えたもので、自然の甘みとは違うものです。自然には存在しない糖分です。
遺伝子組み換えの問題もありますし、気になるところではあります。

 

「絶対に食べてはいけない」と言われているアイスと中身は同じ

 

余談ですが、このような安価なアイスクリームではなく、有名な海外メーカーのちょっとお高いアイスクリームのバニラの成分表はこのようになっています。

 

海外アイス目 原材料

 

無脂乳固形分 10.0%
植物性脂肪分 15.0%
卵黄脂肪分 0.8%

 

ラクトアイスと大差ないように見えますが…

アメリカのジャーナリスト キャロル・サイモンタッチの「クレージー・メーカー 脳を壊す食品をなぜつくるのか」には、絶対に食べてはいけない食事のひとつに、このメーカーのアイスクリームを挙げています。

 

食べてはいけない食品
出典 クレージー・メーカー 加工して作成

 

食べてはいけない理由は、通常の2倍の脂肪が含まれているということ。
それもラクトアイスと変わりません。

 

おすすめ!健康的で安全なアイスクリームならここ

 

私も安心して食べている木次のアイスクリームです。
香料も天然のバニラから取ったものなら、健康を害することなく安心して食べられます。

 

お歳暮ギフトやプレゼント、自分へのご褒美に!木次乳業アイスクリーム

 

ここのアイスは、一般的なアイスのように妙にカラフルだったりはしません。
自然そのもの、素朴な色合いなんです。

でも食べてみると口の中いっぱいに、他のどのアイスでも味わえない風味が広がります。本当にとても美味しいですよ^^
娘や息子が帰省するときには必ず冷凍庫に用意するものでもあります。

ここのアイスクリームを一度口にすると、あまりの美味しさに他のアイスクリームが食べられなくなるかもしれませんね。
(娘が実際そうなってしまいました^^;)

問い合わせて本当に安全なことがわかってから、うちの愛犬にも食べさせました。
(と言っても犬にアイスは贅沢品なので、人間が食べた後のカップを舐めさせただけですが、大喜びでした^^)

アイスクリームは贅沢なスイーツです。

健康的な安心できるアイスクリームで、いくら美味しかったとしても、食べ過ぎはいけません。お腹が冷えてしまいますから…
安心できない食品は避けたいですが、安心できる食品であっても何事もほどほどがいいのかも知れませんね。







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ