格安の日本酒には格安の理由。添加物の塊みたいなお酒

「酒は百薬の長」と言う諺があります。

またお刺身など、日本酒に合う料理に少しお酒を一緒に頂くと、さらに美味しく食べられます。

ですが、日本酒のお値段ってピンからキリまでありますね。
業務用と銘打って一般消費者が購入できるスーパーでは、特売等で非常に安い値段で売られていることもあります。

 

日本酒

 

もちろん高いものが美味しいのでしょうが、どうしてこんなに値段に幅があるのでしょう。ここに何かしら裏はないのでしょうか。どんな日本酒を選んだらいいのでしょう。

 

 

日本酒は大まかに二つに分けられる

 

日本酒を調べてみると、大まかに2種類、細かくは9種類に分類されます。
原料となる米の削る量によって分ける方法と、創り方で分ける方法が考えられますが、今回は製法で分けたもので考えてみたいと思います。

 

純米

 

純米酒には、純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒の4つがあります。
純米に属するものは、どれも原材料は米麹のふたつだけです。

純米 種類

原材料の米の削る割合で、吟醸酒や大吟醸酒になるものの(たくさん削ると吟醸酒になる)、元になる材料はどれも米と米麹のみです。

 

純米と記載されていない酒

 

純米と記載されていない酒は、普通酒、本醸造酒、特別本醸造酒、吟醸酒、大吟醸酒の5種類あります。

こちらの原材料は、米、米麹、それに醸造アルコールが添加されているのが特徴です。
純米酒とは材料から違っているのですね。

純米意外の酒 種類

「醸造アルコールが添加されているのはどうして?」と思われるかも知れませんが、酒の古くからの製法では焼酎等のアルコールの添加は行われており、酒の味や風味の劣化を防ぐ為に入れられていました。

本醸造酒、吟醸酒などに醸造アルコールを添加できる割合は、10%以下と定められています。
法律によって、それ以上は認められていません。

 

醸造アルコール
出典 国税庁 加工して作成

 

そして10%以上醸造アルコールを加えたものは、普通酒と呼ばれるものになります。

 

一本の純米酒で10本の普通酒ができる?

 

私が懸念するのは、普通酒と呼ばれるお酒です。
普通酒には、醸造アルコールの添加量の規制はありません。

という事は、米と米麹だけで創られた純米酒にいくら醸造アルコールを入れても構わないわけで、極端な話、一本の純米酒から10本の普通酒を作る事も可能ということになりますね。

もちろん、醸造アルコールをたくさん入れれば味が淡泊になってしまいますから、ここで添加物の登場です。米、米麹、醸造アルコールの他に、糖類酸味料を加えてお酒らしい味付けにするのです。

添加物でごまかすことで、安価で大量に普通酒が売られているのですね。

米麹が入っているから「百薬の長」だと思っていましたが、醸造アルコールと添加物が入っているのなら、そう体にいいとは言い難いと思います。

 

合成酒は添加物の塊

 

つい忘れがちな日本酒がひとつあります。合成酒です。

 

日本酒 原材料 添加物
出典 食品の裏側 [ 安部司 ]

 

こちらは名前の通り、醸造アルコールをベースにあらゆる添加物を駆使して、それらしい酒に仕立てたものです。
もちろん、これが一番安いのはお分かり頂けると思います。

 

料理はお酒を選んで美味しく頂きましょう

 

お酒は料理に合わせて選びたいものです。

日本酒が合う料理でしたら、添加物の入っていない米麹で作られたものや、和食のおつまみをチョイスするとお料理も生きてくるでしょう。

 

日本酒 アテ

 

お酒は「百薬の長」。
くれぐれも飲み過ぎには注意してくださいね^^







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ