どこが「無添加」?消費者を欺くウソまみれの無添加洗剤

先日ホームセンターで、「野菜も洗える手肌に優しく油汚れもすっきり落とす食器と野菜洗いの洗剤」と書かれた台所洗剤の成分が、有害成分だったことに驚きました。
(詳しくはこちらへどうぞ↓
野菜が洗える洗剤って本当に手肌に優しいの?

「手肌に優しい」などと真逆の謳い文句に残念な気持ちになりました。

実はそれとは別に、ホームセンターでもう1つ目を引いた液体洗剤があります。
パッケージの表に無添加の文字があります。売り場のポップにも無添加と書かれて商品にぶら下げられていました。

 

蛍光剤、漂白剤、着色料 無添加

 

これを見たら誰だって、悪い成分のない洗剤だと思うでしょう。

 

 

蛍光剤、漂白剤、着色料無添加の洗剤の成分の正体

 

「蛍光剤、漂白剤、着色料無添加」となっています。
…着色料無添加?洗剤に着色料なんて入っていたでしょうか?

無添加と書かれているこの液体洗剤の原材料は

 

無添加の洗剤 原材料

成分 界面活性剤(24%:アルキルエーテル硫酸エステル塩、純石鹸分(脂肪酸ナトリウム)、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、 LAS)、安定化剤、pH調整剤、水軟化剤、ケア成分(コットンミルク)、酵素

 

となっています。
界面活性剤が 24%も占めているのですね。けっこう入っています。

 

アルキルエーテル硫酸エステル塩…病気の原因となる合成界面活性剤

 

最初に書かれているアルキルエーテル硫酸エステル塩は、高級アルコール系の合成界面活性剤です。高級アルコール系と言われると、何だかリッチで肌に良さそうな感じがします。

しかしそういう意味ではなく、構成する分子の炭素の数が多いと「高級」、少ないと「低級」と呼ぶのです。成分的に良いものという意味ではありません。高級アルコール系、低級アルコール系

合成界面活性剤そのものはどんな種類であっても肌への浸透性が高く、癌などの病気の原因と考えられています。
また、使った洗剤は排水口から河川に流れ、やがては海に辿り着きます。
河川の生き物、海に住む生き物などへの環境にも影響することは明らかです。

 

合成界面活性剤の影響
出典 Wikipedia 加工して作成

 

ポリオキシエチレンアルキルエーテル…危険な成分

 

次に書かれているポリオキシエチレンアルキルエーテルも合成界面活性剤のひとつです。
ポリオキシエチレンアルキルエーテルは、化学物質排出把握管理促進法にも指定されている化学物質です。
化学物質排出把握管理促進法とは、環境保全にかかわる化学物質の管理の法律で、環境を守る事を目的としています。

 

化学物質排出把握管理促進法の目的、効果
出典 経済産業省 加工して作成

 

この法律に指定されているという事は、間違いなく環境に影響を与える有害性のある化学物質という事です。

ポリオキシエチレンアルキルエーテル

 

環境省の資料はたくさんありすぎて全てを載せる事はできませんが、河川や海に住む生物への影響が危惧されています。

 

ポリオキシエチレンアルキルエーテルの影響濃度 (1)
出典 環境省 加工して作成

 

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)…ひどすぎる有害性

 

そして合成界面活性剤の最後に書かれているものは LASです。
LASとは直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムの事です。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)も合成界面活性剤のひとつで、表示指定成分でもあります。
表示指定成分とは、肌トラブルなどを引き起こす原因になると、国が危険と認めた成分の事です。
(表示指定成分について詳しくはこちらの記事へ↓
表示指定成分って何?医薬部外品に書かれる成分とは?

それに加え化管法の第一種指定化学物質でもあります。

化管法も聞き慣れない法律かも知れません。
有害性がある化学物質が流出した時に、環境の保全に支障が出ないように防止する為に作られた法律です。

化管法ってどんな法律?
出典 環境省 PRTRインフォメーション広場 加工して作成

 

という事は、もうこの時点で明らかに危険な成分であることが分かります。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムは化管法の第一種指定化学物質ですが、第一種指定化学物質とはこういうことです。

 

化管法の第一種指定化学物質の危険性
出典 環境省 PRTRインフォメーション広場

 

人や生態系に悪影響を及ぼす恐れがあるとはっきり書かれています。
他にも、自然環境の中で有害な化学物質を作る、それにオゾン層の破壊になる物質とも書かれています。

 

消費者としての願い。自分の子供に使わせたい製品作りを

 

メーカーは製品に入れられている成分を全て表示する義務があります。
今回私が裏の表示を見て気になった事は、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)をLASと表示していることです。

一体どれほどの人がLASと書かれたものを、正式名称や成分の安全性や効果など、瞬時に理解できるでしょうか。
洗剤を買うのは私のような主婦が圧倒的に多いと思いますが、普通の主婦でLASを知っている人は一体どれくらいいるのでしょうか。

無添加洗剤に入っているLAS

経皮吸収の怖さを知る人が少しずつ増えてきました。
それに伴い、メーカーは表示に工夫するようになってきました。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム → LAS
アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム → ABS
アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム → AES
ラウリル硫酸ナトリウム → SLS
プロピレングリコール → PG

このように、まだ一般消費者には知られていないであろう簡略したローマ字に変えてきています。

これら全て安全性に問題のある危険成分ばかりです。
まだまだこれら以外にも、もっとたくさん危険な成分があるのです。

ただでさえ分かりにくいのに、こんなローマ字で書かれてはどんな成分か分かりません。

消費者にこれは危険な成分だとバレないよう、分かりにくい表示にしているように見えなくもありません。
表向きは堂々と無添加と表示していかにも良さそうに思わせ、成分表示を見れば危険なものが入っています。
それも危険成分だと分かりにくいような表示に変えての表示です。

 

小さい時に母親によく言われました。

「人に嘘をついてはいけませんよ」
「正直に生きなさい」

誰でもそんな事を子供に教えながら子育てをしますよね。

 

子育て

 

子供にウソをつくなと教える立場の大人が作った製品なのに、これでは正直とはとても言い難く、消費者をごまかしたり、欺いているように見えはしないでしょうか。

私が心から思うのは、安全なものを正直に真面目に作って欲しい。未来の子供達のために地球の為に、体と環境に良いものを作って欲しい。
ただそれだけです。

自分の子供は誰もが可愛いと思うはずです。
企業の皆さん、自分の子供に使わせる気持ちで製品作りをしてほしいと思います。







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ