えっ!お米に添加物?品質改良剤添加のお米

日本人の食卓の主食といえばご飯ですよね。
たまにはパンもパスタも食べますが、やはりホカホカの白いご飯は最高です^^

ご飯は水を入れて炊くだけですから、農薬の可能性はあるにしてもまさか薬品は使われていないと思いますよね。
というより、薬品が入るなんて考えたことすらないのではないでしょうか?

 

米 稲穂

 

今回は主食であるご飯、基本中の基本のお米について考えます。

 

 

お米を劣化させにくい精米改良剤

 

お米を買う時、あなたは何を基準に選びますか?
値段?品種?新米?古米?

確かに品種によってご飯の味は違ってきます。粒の大きさだったり、粘りだったり甘みだったり…
それぞれの好みやお財布の中身を考えて選んでいると思います。

それで別に問題などないはずなのですが、出回っているお米の中には精米改良剤を使用した米が流通していることがあります。

 

米

 

お米はたとえ日持ちのよい玄米で保管していても、少しずつ劣化していきます。
玄米は時間の経過と共に水分量は減り、割れやすくなり、味も落ちてきてしまいます。
これは玄米が生きている証拠ですから、仕方のないことです。

しかし、味も落ちてパサパサになり割れやすくもなると、玄米の価値も値段も下がり、売れなくなる可能性が出てくるのです。
販売側から見るとなんとか防ぎたいところですよね。
そこで使われるのが精米改良剤という薬品です。

 

お米に自動車の不凍液と同じ成分が!?表示義務のない精米改良剤

 

精米改良剤は食品添加物扱いではなく、表示義務のない加工助剤という扱いになります。

この精米改良剤は、古米を新米のようにピカピカに見せる事ができる、販売者からすれば夢のような薬品です。使われる薬品は主に次の3種類ほどです。

D-ソルビット(合成甘味料)・・・甘みをまし保湿効果がある
リン酸塩(品質改良剤)・・・古米を割れにくくする
プロピレングリコール・・・白く光沢のある米になる

これらを使うことで、ピカピカ新米が出来上がります。

 

D-ソルビトール

 

D-ソルビトールは食品衛生法で認められている添加物のひとつです。

甘味料としてガムやキャンディ、パン、ケーキ、かまぼこ、ハムなど、多くの食品にも入っています。
通常の摂取量ならさほど毒性はないので、心配することはないでしょう。
しかし過剰摂取すると、下痢などを引き起こすこともあるようです。

 

リン酸塩

 

リン酸塩は中華そば、春巻き、シューマイ、チーズ、魚肉練り製品、ドーナツ、日本酒など…こちらも多くの食品に使われていて、過剰摂取が問題視されている成分です。

リンの摂り過ぎはカルシウムを体から奪うため、副甲状腺機能亢進症、腎臓の石灰化、骨の中のカルシウムの減少などに繋がります。
また、鉄の吸収を妨げるので貧血などの原因となります。

 

プロピレングリコール

 

そして3つめはプロピレングリコール(PG)です。

プロピレングリコールは、薬事法においては表示指定成分です。
表示指定成分とは、アレルギー等の肌トラブルを引き起こす恐れのある成分のことです。表示指定成分を使用した場合は、その成分を表示することが義務付けられていました。「表示指定成分だから気をつけて使用して下さい」という成分です。
(現在はすべての成分を表示するように法律が変わり、どれが危険な成分なのか分かりにくくなっています。)

プロピレングリコールは食品に使われていますが、他には保湿剤として化粧品に使われたり、自動車の不凍液に使われたりもしています。

アメリカの癌予防連盟会長のエプスティーン博士の著書『ガンからの警告』の中では、化粧品によく使われる成分で、「アレルゲンとなるもの」とされています。

 

アレルゲン
出典 ガンからの警告 [ サミュエル・S.エプスタイン ]

 

また、日用品についての環境ワーキンググループの報告では、さまざまな製品に含まれる、ガンのリスクをもたらすとされる「懸念すべき成分」の中にプロピレングリコールは挙げられています。

この中ではっきりと発癌性の証明がされているのは、今のところパラベンだけです。
プロピレングリコールは今のところ発癌性に関して証明されておらず、しかし安全だという証明も誰も出していません。

 

発がんを懸念すべき成分
出典 ガンからの警告 [ サミュエル・S.エプスタイン ] 加工して作成

 

プロピレングリコールはアレルギー源であることに加え、発がんの可能性もあるのです。
(プロピレングリコールについて詳しくはこちらをご覧ください↓
保湿剤プロピレングリコール(PG)の危険性とは

D-ソルビット、リン酸塩、プロピレングリコール、その他にもグリセリン脂肪酸エステル、グルタミン酸ナトリウムがありますが、これらは全て加工助剤扱いです。
加工助剤とは、さまざまな理屈により表示する義務のない成分のことです。

品質改良剤もその加工助剤のひとつで、加工の途中で入れるということで加工後の食品には入っていないということになり、表示の義務がありません。

しかし表示の義務がないだけで、使われた現実が消えたわけではありません。
(加工助剤について詳しくはこちらの記事へ↓
加工助剤とは?なかったことにされる添加物たち

 

外食産業、コンビニのお米は少し不安…把握しづらい品質改良剤

 

一応私たちが普通に購入するものには、このような品質改良剤が使われているものは、そんなに多くはないと言われています。
仕入れる側も品質改良剤が使われていると聞かなければ、何も知らないまま販売することになるそうです。

表示がないので確かめようがないのが現状なんですね。

ご飯

 

信頼のおける農家さんから直接とか、安全な食材を扱う団体からの購入が望ましいでしょう。

しかし、このようなお米の多くが外食産業、コンビニ弁当などに流れている可能性は否定できません。
(『じつは怖い外食』には2014年3月の時点でこのような米を使っている外食産業のチェーン店が実名で上がっていました)

 

コンビニ 外食産業 持ち帰り弁当

 

外食産業では利益を出すために、出来るだけ安く美味しく見えるお米を求めています。
品質改良剤で美味しそうに見せた古米を、安く仕入れるのはうってつけですね。

たまの外食は楽しいものですが、常日頃はお母さんの作るあたたかいご飯を家族で頂くというのが、一番のご馳走じゃないでしょうか。

 

参考図書

じつは怖い外食 [ 南清貴 ]







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ