騙されるな!弱酸性・モイスチャーミルクは体に良いのか

体を洗うのは石鹸ですか?ボディソープですか?最近はボディソープを使われる方も多いのではないでしょうか。

各メーカーさんから様々なボディソープが出ていますね。CMで弱酸性を謳ったり、モイスチャーミルクと言って、いかにも肌によさげなボディソープが売られています。

でも謳い文句だけでボディソープを決めて良いのでしょうか?
安全は確認していますか?

 

「弱酸性」の中身は何?

 

ボディソープの弱酸性は肌に優しい印象を受けます。

弱酸性と言っている成分の中身ですが、ラウレス硫酸Na(正式名称はポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩)に、リンゴ酸クエン酸などを加えて酸性にしたことで、弱酸性と表現しているのです。

ラウレス硫酸ナトリウムは陰イオン性の界面活性剤です。刺激はあまりなく残留性が低いとされていますが、ラウレス硫酸Naは洗浄力が強すぎるので、皮膚の脂肪を取りすぎてしまいます。

 

体を洗う

 

いくらこれにリンゴ酸やクエン酸を加えて弱酸性にしても、決して肌には優しくはありません。普通の台所洗剤に酸を加えたものとなんら変わりないのです。

一体どのあたりが肌に良いのでしょうか?
人の皮膚の表面が弱酸性なので、それを利用したまやかしと言えるのかもしれません。

 

 

美肌の湯に学ぶ!すべすべ肌になるのはアルカリ性

 

たとえば一般的に、純石鹸は安全性が高いと知られています。しかし、石鹸はどなたもご存知の通り、弱アルカリ性です。
では石鹸は肌に良くないのでは?と疑問がわくかもしれませんね。

しかし石鹸の洗浄成分も界面活性剤ですが、弱アルカリの石鹸で肌を洗った場合、肌を刺激して肌に有用な皮脂などの分泌を促してさらに良い肌になることが分かっています。

 

石けんの多くがアルカリ性である利点
出典 &flow  加工して作成

 

一時的に肌がつっぱるような感じがするのは、アルカリ性の石鹸により肌が活性化しているんですね。
ちなみに肌がすべすべになると言われる日本の三大美肌の湯は、和歌山県の龍神温泉、島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉ですが、この3つの温泉の泉質はどれもアルカリです。

 

日本三大美人の湯とは
出典 BIGLOBE  加工して作成

 

一方弱酸性を謳うこれらのボディソープは、すべて合成界面活性剤です。

弱酸性はもちろん刺激が少ないのでしょうが、使われている成分が合成の界面活性剤であり、有害な成分が皮膚を通して体の中に入ってきて、体に90%残留する事の方が問題です。
(皮膚を通して成分が体内に入ってくることを経皮吸収と言います。湿布などにも利用されている性質です。詳しくはこちら↓
経皮吸収ってなに?日用品や化粧品が肌から浸透してるの!?

経皮吸収

 

皮膚の表面が弱酸性だから、同じ弱酸性のものの方が肌に良いだろうと考える人の心理をつき、弱酸性を大きく表に出して製品をアピールしているように見えなくもありません。

 

ミルク成分は入ってない!でも名前はモイスチャー「ミルク」

 

モイスチャーミルクを見てみましょう。
ミルクと聞けばミルク風呂を思い浮かべ、リッチな気分でお肌がしっとりする気がします。製品にミルク成分はどのくらい入っているのでしょうか?

製品の成分表を見てみると、ラウリン酸等の脂肪酸水酸化カリウムが主成分なので、ほぼ石鹸のようなものですね。これに加えベタイン系ラウレス硫酸Naなどの界面活性剤が使用されています。それにポリクオタニウム(4級アンモニウム共重合体)の合成ポリマーを使っていて…

…おかしいです、どこを見ても牛乳などのミルク成分は使われていません。

 

モイスチャーミルク

 

実は、ミルクが入っていると私たちが勝手に勘違いしているだけなのですね。
モイスチャーミルクというのは表示されている成分の中で、一体どの成分を指すのか問い合わせをしたという記事を見つけました。

こちら→MyNewsJapan

こちらのサイトでは、モイスチャーミルクだと宣伝されている成分は、合成界面活性剤であることが書かれています。モイスチャーミルクというのは、ミルク成分ではなかったのですね。

 

洗い流せていない「しっとり」する成分

 

さて、成分の話に戻りましょう。

ベタイン系ポリクオタニウムは天然由来の成分なので、安全性は高い方だと思われます。
問題はラウレス硫酸Naや、保湿剤として入れられているプロピレングリコールなどの表示指定成分です。

表示指定成分とは、国が危険だと認めている成分のことです。現在は全ての成分が製品に表示されていますが、昔は国が危険だと認めた成分だけを表示するスタイルでした。その「表示しなければならない危険組」の中に入っていた成分なのです。

この、国が危険だとしている成分が入れられているのですね。
プロピレングリコールによる保湿と、合成ポリマーによるコーティングで、全くミルク成分が入っていないにもかかわらず、モイスチャーミルクと呼んでいるだけの事なのです。

モイスチャーミルクを使って肌がしっとりしたように感じるのは、保湿剤とポリマーがすすいだ後も洗い流されず肌に残っているからです。

危険な表示指定成分を肌につけたままの状態ですね。
だから、ぬるぬるとした感じという訳です。

 

洗い流せていない…!?

 

私たち人間は思い込みの生き物ですから、「モイスチャーミルクが入っているんだ!」と思って製品を使うと、このぬるぬるを「しっとり」と勘違いしてしまうのです。

 

製造メーカー側はいかにして製品をいいイメージで売るか、どうやったら売り上げが上がるか、ということを常に考えなくてはいけません。
戦略のひとつとして、ミルクが入っていると消費者が勘違いして解釈するようにネーミングしているだけなのです。

宣伝に惑わされていると知るとがっかりですね。
どんな日用品を買う時でも、謳い文句に惑わされずに安全な製品を選びたいですね。

 

無農薬の糠(ぬか)で身体を洗うという選択

 

肌の乾燥が気になる方は、一度糠(ぬか)で体を洗ってみてはいかがでしょうか。

木綿のきんちゃくを作り、その中に米糠を入れます。それをお風呂のお湯で浸して、全身を洗います。糠の成分の天然油脂で、乾燥した皮膚がしっとりするので、アトピーの人にも安心して使われています。

できれば米糠は、無農薬のお米の糠だと一番安心ですね。
米ぬか石鹸を使うのもいいでしょう。

 

変わらぬ製法でお肌に優しいロングセラー石鹸!釜炊き 米ぬか石鹸

健康的で美しいお肌は、ネーミングでごまかされた肌に害ある成分入りの製品を使っていては、決して手に入りません。
そしてそういう製品は、肌の美しさだけではなくあなたの健康も、地球環境さえも悪くしてしまうのです。健康的な成分でできた製品を、お肌のためにも地球のためにも使ってあげてくださいね^^

参考図書
「美しくなりたい全ての女性へ 伝えたい化粧品の真実」 日本消費者連盟







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ