犬のワクチンの副作用リスク。本当に毎年必要?過剰接種の危険性

ペットがいるのは良いものですよね。愛犬の健康を守るため、動物病院のお世話になる事もあります。病気や怪我の時もそうですが、病気予防にワクチンの接種もしている事でしょう。

 

子犬

 

そのワクチンですが、どれぐらいの頻度で接種していますか?ワクチンが余計な病気を引き起こすリスクがある事はご存じでしょうか。

 

 

毎年のワクチンは本当に必要?接種直後に死亡のケースも

 

最近では犬は生後1ヶ月から2~3ヶ月の間に、基礎免疫をつけるため2回~3回のワクチン接種を行うことが多いですね。
少し前まで子犬は2回接種が一般的でしたが、ペットショップでは3回接種が普通になってきています。そしてその後は毎年一回、当前のようにワクチンを受けている飼い主さんが多いようです。

「なぜ毎年打つのですか」と尋ねると、

「年一回と決まっているんじゃないの?」
「動物病院からハガキが来るから」
「獣医さんが勧めるから」

と、飼い主さんもはっきりとした回答は持っていないようです。

 

実はワクチンに対して見直しを検討すべきと言う意見がある事は、あまり知られてはいません。

現在犬のワクチンには、次の種類があります。

犬ジステンバー
犬伝染性肝炎(A1)
犬伝染性咽頭気管炎(A2)
犬パラインフルエンザ
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ病

犬レプトスピラは更にその感染するウイルスの型によって

犬レプトスピラ病黄疸出血型
犬レプトスピラ病カニコーラ型
犬レプトスピラ病ヘブドマディス

の3つに分かれ、全部を接種すると9種類もの混合のワクチンとなりますが、人でも犬でも猫でもワクチンによる副作用というものが存在するのです。
ワクチン接種後にアナフィラキシーで突然死んだとか、接種後からアレルギーになってしまったとか、体調不良になったという事をよく耳にします。

 

狂犬病不活化ワクチン
出典 農林水産省 動物医薬品検査書 加工して作成

 

この農林水産省の他のページでは様々な薬の製品名一覧から、それを接種した場合の副作用などが確認できます。

 

動物医薬品副作用情報 製品名別検索

 

ワクチンの過剰な接種を指摘する声が上がって来ています。
本当に毎年必要なのでしょうか?そしてワクチンは本当に病気からペットを守る、安全なものなのでしょうか?

 

ワクチン、毎年打たなきゃダメ?

 

アメリカ動物病院協会では犬のワクチンは3年に1回だけ

 

アメリカの例を見てみましょう。アメリカは近年まで日本同様に毎年接種でした。
しかしアメリカ動物病院協会(AAHA)がワクチンについてガイドラインを作成し、犬のワクチン接種は3年に1回と定められました。

アメリカ動物病院協会ではすべての犬に接種した方が良いワクチンと、そうではないワクチンの二つに分けて考えています。

前者はコアワクチンと言われ、すべての犬に接種すべきワクチンです。
・感染したら、高い確率で死に結び付く病気(パルボ、ジステンバーなど)
・人にも感染する可能性のある病気(狂犬病)
・広く流行し、沢山の動物が被害を被る可能性がある病気(猫のヘルペス、カリシなど)

後者はノンコアワクチンと呼ばれるもので、動物の飼育環境や病気の流行などで接種すべきかを判断するものです。レプトスピラ、猫白血病などがこれに当たります。

 

年1回のワクチン接種は多すぎる

 

アメリカ動物病院協会はワクチンの持続性についても述べています。

例えば人の場合では、幼少の頃に受けた予防接種で免疫抗体が生涯続くものもあります。一方犬では、抗体の持続期間が短い事が分かっています。

研究によると犬のワクチンウイルスの中で、犬パルボウイルス感染症に効果のある弱毒性パルボウイルスは7年、犬ジステンバーに対しての弱毒性ジステンバーウイルスは5~7年、犬伝染性肝炎、犬伝染性咽頭気管炎に対しての弱毒性アデノウイルスは7年の効果が持続するとの研究データが出ています。
また、レストスピラはワクチンの効果は1年に満たないとされています。

 

ワクチンの効果ってすぎになくなっちゃうんだね

 

ということは、ワクチンの効果を考えればレストスピラに対しては毎年、パルボ、ジステンバー、アデノウイルスには5~7年に一回の接種が理想的という事になります。

しかしながら現在日本において許可されているワクチンは、一般的には一年に一回のタイプの物しかないのが現状です。しかし日本とアメリカとではワクチンの種類も全く一緒ではないにしても、毎年接種はやはり多いように思います。

 

「ワクチン=予防」の間違い

 

多くの飼い主さんは、たくさんの種類を接種すればその分病気が防げると思っています。
確かに健康で免疫の高い犬の場合はそうかも知れませんが、幼少の犬や老犬や病気がちの犬の場合は違ってきます。

ワクチンはその病気の弱めた抗体、つまりは病原菌を体に入れるものです。
弱めた病原菌を体に入れることで、いざ本当に病原菌が体に入って来た時どう闘って菌をやっつけるのかと、体にシミュレーションさせるようなものです。

健康や体力に問題のある犬の場合、ワクチンを接種することでワクチンの病気の症状が出たり(人がインフルエンザワクチンを打って軽く熱が出たりするのと同じです)、アレルギーが出たり、自己免疫疾患になることもあります。そんな副作用のリスクがあるのです。

 

過剰なワクチンが病気を引き起こす
出典 エンゼルペットクリニック 加工して作成

 

健康な犬であっても毎年毎年接種すれば、やはり副作用のリスクは高まります。これからもっと研究が進み、リスクの少ない形での接種が可能になるよう願うばかりです。

 

ワクチンの接種は飼い主の判断で決まります。

少しでもリスクを避けるには、子犬の時期の早すぎる接種は避けたほうが望ましいでしょう。
初めてのワクチンは生後2ヶ月目で一回目の接種、その後1ヶ月後で2回目の接種と、2回で十分ではないでしょうか。3回の接種は過剰だと言う意見も多いのです。

子犬の頃の病気は、子犬の置かれた環境が良くない事で感染することが最も多いです(いろいろな犬種が一度に集まっているペットショップなど)。ワクチン接種の前に子犬の環境を見直すことを忘れてはいけません。

 

籠の中の子犬

 

体調の良くない時やアレルギーを持っている、疾病がある犬には接種は控えます。
通常の状態でない雌犬(妊娠中、出産後子育て中などの時)の接種も控えます。
老犬(8~9歳から10歳以上)のワクチン接種は必要ありません。
そして毎年のワクチン接種は、過剰摂取と思われます。

 

犬も人も同じですが、「ワクチンをしたから病気にならない」のではありません。

 

罹患率は、ワクチンをしてもしなくても同じです。
病気になった時に症状が軽くて済むのがワクチンです。

またワクチンには病気の流行を抑えるという大切な意味もありますが、その病気にならないようにするのが先決です。過剰摂取ではないか今一度よく考えてみる必要がありそうです。

獣医師の中でも老犬にはワクチンを打たないなどの判断をされる医者もいる中、製薬会社はペット産業として利益を上げていかなければいけません。薬を売るため、ワクチンを毎年接種するよう勧める傾向にあります。

平成25年度の犬の登録数は6.747.201頭です。日本人の17人~18人に一人は犬を飼っている計算になります。登録していない人もいるでしょうから、もっと多いでしょう。

私たちは可愛い愛犬を守ってやらなければなりません。

犬はワクチンを拒否することは出来ません。
ワクチンは犬の体調などを考え合わせた上で、その内容を飼い主が十分理解して慎重に接種して欲しいですね。

研究が早く進むことを期待したいです。
可愛い愛犬と、健康な日々を楽しく過ごしたいですものね^^







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ