100均のペット用ウェットティッシュの成分は安全?危険?

最近の100均はオシャレで色々なものが揃っています。
ペット用品まで置いていますね。ペット専用のウェットティッシュを初めて見ました。
我が家にも愛犬がいますが、朝晩の散歩の後は必ずタオルで足の裏を拭いています。

 

犬の足

 

専用ウェットティッシュはまだ買った事がありません。
それもまさか100均にあるなんてと思いながら、とにかく成分表示をチェックです。

 

 

80枚も入っている100円のウェットティッシュの成分は?

 

この店には2種類のウェットティッシュがあり、ひとつは全身用で、手足、口、耳、お尻のお手入れにと書かれています。

 

ペット用ウェットティッシュ 原材料

 

成分名は書かれていますが、何という物質かはこれだけでは分かりません。

もうひとつは、全身用で除菌&消臭とあります。
80枚も入っていて100円(税抜)です。

 

ペット用ウェットティッシュ 原材料 2

 

こちらは成分の表示があります。

成分 水、PG、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ベンザルコニウムクロリド、緑茶エキス

となっています。

表示は入っている量の多いものから順番に書く決まりになっていますので、一番多いのはですね。これは当然と言えば当然でしょう。
(表示の順番について詳しくはこちらの記事へ↓
成分表示は内容量の多い順!水の次に多いのは危険成分かも…

 

一番多い成分は危険なプロピレングリコール(PG)

 

次に多く入っているPGが気になります。
PGと略されていますが、物質名はプロピレングリコールです。
主に保湿の為に入れられている成分ですが、旧指定成分のひとつです。

指定成分とは日本の国が危険だと認めた成分で、103種類ありました。
プロピレングリコールはその危険とされる指定成分のひとつなのです。
(表示指定成分について詳しくはこちらの記事へ↓
表示指定成分って何?医薬部外品に書かれる成分とは?

 

日本は何事にも規制が緩いとよく聞きますが、長年ドイツに住んでいた友達によれば、ドイツでは安全性や環境、健康に関する意識が日本とは格段に違うと言います。
考え方の根本から違っていると言うのです。

EU諸国、特にドイツでは、日用品も食品も安全であるのが当然となっています。
大人も子供も危険な成分に対する知識を持っており、どんな製品であっても危険性のある成分が使われていない事が大前提だと言います。

もちろん日本でも様々な安全に関する法律が存在します。
それでもEU諸国と比べると、まだまだ安全性に関する基準は甘いようです。

その基準の低い日本でさえ危険と言うということは、どれ程危険かは察しが付くと思います。
そんな危険な成分が水の次に多く入っているんですね。

 

プロピレングリコールを国際化学物質安全性カードで見れば、
作業環境管理を厳密に!と太字で書かれています。
換気をし保護手袋、安全眼鏡での予防をしなければなりません。
なにより吸い込んだり飲み込んだり、体にかかる事はしてはいけません。危険です。

 

プロピレングリコール
出典 国際化学物質安全性カード

 

プロピレングリコール(PG)は、サミュエル博士の著書「癌からの警告」によれば
発がん性の疑いがあり、アレルギーを引き起こす物質です。

 

アレルゲン プロピレングリコール
出典 ガンからの警告 [ サミュエル・S.エプスタイン

 

ウェットティッシュは体を拭くものじゃなかったでしょうか?
ウェットティッシュは皮膚に直接触れるものです。
プロピレングリコール(PG)のような成分を入れてもいいのでしょうか。

 

ものを加えた子犬

 

(プロピレングリコールについて詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
保湿剤プロピレングリコール(PG)の危険性とは

 

内分泌かく乱物質で乳癌に影響するパラベン

 

メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン等、パラベンの種類は数多くあります。
パラベン も先のプロピレングリコールと同じく表示指定成分のひとつで、日本が危険だと言った成分です。

パラベンは抗菌や保存の為の物質で、多くの日用品に使われています。
パラベンを扱う側の化粧品メーカーは、有用で安全な防腐剤だと主張します。

いくつかメーカーのサイトを見ていると、
「パラベンは使用量がキッチリ定められている上に、多くの化粧品ではその規定量より少ない量しか使っていないから大丈夫だ」
といったような主張も見えます。

かたや、先の「ガンからの警告」にはパラベンはこう書かれています。
パラベンは種類が多くその種類によって異なるけれど、弱いエストロゲン作用があり、内分泌かく乱物質になるということです。
また乳癌細胞の増殖を促すことが実験で明らかになったそうです。

 

パラベン 2

 

日本でもパラベンはメイク用品や日用品など、あらゆるところで使われています。
選ぶ側の私たちが気をつけなけばなりませんね。

 

僕らには選べないから 犬

 

 

有効成分は高濃度だと危険な成分

 

ベンザルコニウムクロリドは一般的に、よく使われる消毒薬です。

手の消毒に使用したり、粘膜の消毒にも使われています。
高濃度で多く使用すれば急性毒性があります。
ベンザルコニウムクロリドを使用している製品を見ると、その使用濃度は極めて低く、このことからも濃度が高くなれば、あるいは使い過ぎれば危険性があることが分かります。

ペットの口回りやお尻周りの粘膜の部分にも使う訳ですから、 この濃度はとても重要だと思います。

ましてや使用規制などのある、人間に使うものではありません。
ペットの法律の規制は人間ほど厳しくありませんから、高濃度でない事を祈るばかりです。

 

やはり、国が危険だとしている表示指定成分が使われていたり、濃度の分からない消毒薬が入っていたりするのが分かれば、自分の大事なペットには使う気になれません。

散歩から帰ってきたら今まで通り、愛犬専用にしているタオルで足を拭こうと思います。
大切な我が家の一員ですからね^^







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ