「保存料不使用」は本当?一括表示で消費者を欺く法の裏ワザ

家族の健康を考えるお母さん達は、食品にも日用品にも気を遣います。
中でも食べ物は特に注意されていると思います。

そんなお母さん達が食べ物で気をつけている事と言えば、農薬がかかっていないかという事や、食材に不要な添加物が入っていないかということでしょう。

 

食卓 家族団らん

 

農薬は今回は置いておくとして、製造メーカーにとって有利で便利な、添加物における法律の抜け穴のお話です。

 

 

ガバガバ添加物を入れていたって「~等」と、ひとくくりにしてしまう

 

添加物は、農林物資の規格化及び、品質表示の適正化に関する法律(略称:JAS法)の中の法律で定められています。
このJAS法では、使用の目的が同じ場合、複数の添加物を使っていても、一括で表示していい事になっています。

 

食品添加物の表示について
出典 厚生労働省 加工して作成

 

例を挙げながら簡単に見ていきましょう。
ご自宅の調味料の成分表示を確認してみてください。
商品の裏に「調味料(アミノ酸等)」と書かれているものはありませんか?
アミノ酸等の「」って何なんだろう…と思いますよね。

 

調味料(アミノ酸等)の等とは?

 

調味料にできるものは、グルタミン酸ナトリウム、DL-アラニン、グリシン、核酸、コハク酸二ソーダ等…
実は56種類もの添加物があります。

製品に味を付けるために、この中からいくつかの添加物を入れたとします。

するとどうでしょうか。
消費者から見れば、「たくさん添加物が入っていて嫌だな」という印象になります。

そこで先ほどの法律に従い調味料(アミノ酸等)と一括して表示をまとめれば、パッと見た感じはたった1つの成分に見えるので、単純に「調味料が入っているな」というだけの印象になります。

これを一括表示と言います。

 

企業の秘密テクニック! 保存料を使いながら保存料不使用と表示させる方法

 

添加物は複数の効能を持つものも多いです。
たとえばクエン酸ナトリウム
このクエン酸ナトリウムは、食品を保存する効能もあれば、味の改善にも使われる、まさに「複数の効能の持ち主」です。

このクエン酸ナトリウムが一括表示になる様子を見てみましょう。

 

あるメーカーが、何かの食品を製造していたとします。

「保存」という目的で、保存料として、クエン酸ナトリウムが入れられました。

そして一括表示が許されている他の添加物…
たとえば味を調える目的で、グルタミン酸ナトリウムも入っていたとします。

先ほど保存目的で使用したクエン酸ナトリウムは、味の改善という効能も持ち合わせていますよね。
そこで、グルタミン酸ナトリウムと同じ「味を調える」という目的で、調味料としてクエン酸ナトリウムを使いましたと言えば、クエン酸ナトリウムとグルタミン酸ナトリウムは一括され、ひとまとめに調味料(アミノ酸等)という表示にできるのです。

<クエン酸ナトリウム、グルタミン酸ナトリウム>と、ひとつひとつ表示しなければいけないところを、一括表示の条件である

「一括表示が許された範囲内の添加物で
同じ目的で使ったものは一括表示できる」

というルールを見事クリアしているため、調味料(アミノ酸)という、たった1つの名前でひとまとめにして表示することができたわけです。
当然消費者の中には「添加物が少ない」と思い込んでしまう人も出てきます。

 

一括表示 例

 

これを上手く使えば、本来の使用目的は保存であるにも拘らず、保存料不使用とネーミングされた製品を生み出すことが可能なのです。

 

香料を何種類ブレンドしても…やはり表示はひとくくり

 

香料に関しても同様のことが言えます。

世の中には、イチゴ味、メロン味、キャラメル風、抹茶風味…など様々なフレーバーの製品が売られていますが、目的の香に近づけるためには何種類もの香料をブレンドし、ひとつの香りを作らなくてはなりません。

香料は国も危険性を認めている表示指定成分ですが、それが何種類も添加されていくことになります。
しかし、表示の上では「香料」とひとくくりに表示して良いので、危険な成分がいくつも入っているなんて、消費者には分からないのです。

香料

食品に限らず、日用品や化粧品に関しても同様のことが言えます。
ここまで来ると、化学のマジックのようですね。

 

一括表示の種類

 

一括表示は次の14種類です。

イーストフード、かんすい、香料、調味料、乳化剤、pH調整剤、膨張剤、酵素、ガムベース、軟化剤、凝固剤、酸味料、光沢剤、苦味料

一括表示ということは、最低でも2種類以上の添加物が入っている訳です。
これらの表示が書かれていない食材を選ぶようにしたいですね。

(関連記事もよければどうぞ↓
一括表示とは!?知らずに健康を損ねる前に知るべきこと

最後に、あまりに多くて全部は控えますが、本当によく見かける一括表示の例を挙げておきます。赤線などは加工して作成しています。
もっと詳しく見てみたいという方は消費者庁のページへどうぞ。17ページから見ることができます。

 

一括表示 調味料(アミノ酸等)

 

一括表示 調味料(アミノ酸等)

 

 

一括表示 pH調整剤

 

一括表示 pH調整剤

 

 

一括表示 酸味料

 

一括表示 酸味料

 

 

一括表示 膨張剤

 

一括表示 膨張剤

 

 

一括表示 イーストフード

 

一括表示 イーストフード

 

 

一括表示 香料

 

一括表示 香料

 

関連記事はこちら
一括表示とは!?知らずに健康を損ねる前に知るべきこと







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ