美味しいフォアグラ。その裏側に隠れた残酷な飼育方法

フランス料理の高級食材で頭に浮かぶものはなんでしょう?
トリュフ?(これは、イタリアでしたね)やっぱりフォアグラでしょうか。
フォアグラはよく高級レストランや結婚式など、おめでたい日の料理にお目見えします。 近頃では、コンビニのお弁当だったか、手軽に食べられる商品も出ているようです。

 

フォアグラ

 

フォアグラはキャビア、トリュフに並ぶ高級食材。世界3大珍味のひとつです。
ガチョウやアヒルのレバーを使った料理で、鴨を使ったものもありますね。

世界3大珍味であり、高級食材のフォアグラは、昔から伝わる伝統的な食材だと言う意見と、アヒルへの虐待だと言う意見と、見解が2つに分かれる食材でもあります。

 

 

これを知っては食べられない…高級食材「フォアグラ」

 

フォアグラは人間で言うと「脂肪肝」だと聞いたこともあります。
一体どうやってフォアグラは作られるのでしょうか?

 

一般的にフォアグラは、雛の段階で雄だけを選別します。
雄の方が大きな肝臓を持っているのがその理由です。

数か月で大きくなったアヒルやガチョウを、今度は体が動かせないぐらいの檻に閉じ込め、ここからは1日に3回、でん粉の多い高カロリーの餌をパイプで強制的に食べさせます。
これは「強制給仕」と呼ばれています。

運動の出来ない所で高カロリーの餌を強制給仕される訳ですから、アヒルやガチョウの肝臓には脂肪がどんどん付き、通常の10倍ほどに大きくなります。
この状態は、人間で言うと「脂肪肝」の状態です。

もちろんこれは病的ですから、途中で死んでしまうアヒルも続出します。

それも、脂の多いレバーのためです。
生産者は立派なフォアグラを作らなくてはいけないのです。

 

こちらの動画はおよそ8分。
フォアグラを作るということが、どれほど残酷な行為なのかがカメラに収められています。(残酷なシーンも含まれておりますので、閲覧にはご注意ください)

 

出典 Japan AnimalRightsCenter

 

こちらの動画を見て、伝統だからという一言で済ませる人もいます。
ですが、私はそこまで割り切って見ることはできませんでした。
さまざまな意見を巻き起こしながら、このようにフォアグラは作られ続けているのです。

 

食事は命を頂く事。どこまで犠牲は許されるか

 

人が美味しいと感じる味は、塩と油(脂)と甘味です。
太古の昔からなかなか食べることの出来なかったこの3つを、美味しいと感じます。
フォアグラはまさに脂の乗った、人が美味しいと感じる食材なのです。

しかしこのフォアグラ生産の事実を知っては、今後結婚式の披露宴でフォアグラが出されても、それを食べようという気にはなれません。

生産も消費も原産国のフランスが今でも一番ですが、「動物への強制給仕」を禁止、つまり実質フォアグラの生産が禁止された国や地域もあります。

 

フォアグラの生産に関して
出典 Wikipedia 加工して作成

 

「動物への強制給仕」を禁止した国と地域
イタリア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フォンランド、ポーランド、ルクセンブルク、オーストリアの6つの州

フォアグラの生産を違法としている国
アイルランド、イギリス、スウェーデン、オランダ、スイス

 

日本でのフォアグラの生産は今のところないようです。全て輸入に頼っています。

 

アヒル

 

食べ物を得るということは、大昔に狩りをしていたように、何らかの犠牲はつきものです。
しかし、必要以上の大量生産、犠牲は必要ないのではないでしょうか。
どう考えても、人間の奢りのように見えてしまうのは私だけでしょうか。







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ