ドッグフードはインスタント食なのか?添加物の緩い規制が不安

獣医師さんの勧めもあって、完全栄養食だと思ってドッグフードしか愛犬に食べさせていない飼い主さんにとって、安価なドッグフードの中身は知りたくないかもしれません。

しかし以前調べたところ、人間が食べない家畜の病変部分や、「肉」そのものではない「肉副産物」、鳥の羽や、農薬等の不安が残る大豆ミールなどが入っていることが分かりました。
(詳しくはこちらの記事へ↓
ドッグフードの原材料に唖然。安価なドッグフードには要注意

大切なペットに与える食事に好ましいとは言えない内容でした。

 

犬

 

これらの原材料にまず驚きましたが、ドッグフードには更に驚く事実があるのです。

 

 

ドッグフードに汚染物質が入っていても良いの?

 

犬のフードの安全に関しては「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」という法律があります。

これは2007年アメリカで有害物質のメラニンが混入されたペットフードで多くの犬と猫が死亡したことがきっかけとなり、日本でも翌年制定されたものです。ペットフードの基準や規格に合わせなければならないことや、有害な物質は禁止、もし有害な物質が入っている時は破棄すること、などが定められています。

 

ペットフード安全法
出典 環境省

 

その基準はどんなものかというと、次のようになっています。

環境省によると、残留農薬はその物質により上限値が決まっています。(つまり上限値を越えなければ入っていても良いということです)

 

ペットフード基準値
出典 環境省

 

汚染物質と書かれている成分も、上限値を越えなければ許可されます。
かつてイタイイタイ病の原因となったカドミウムや、12000人を超える患者と死者まで出た森永ヒ素ミルク中毒事件の原因であるヒ素。中毒症状が出るや危険とされる農薬のBHCDDT
これらも上限を守れば混入していても構いません。

添加物も合計量の基準を守れば入れて良いことになっています。
これには驚きを隠せません。混入される添加物の多さは、とても見過ごすことのできないレベルになっています。

 

ドッグフードの添加物の規制は緩い

 

ペットフードに使用される添加物は安全性が確認されているとされていますが、エトキシキン、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)と、猫用には用いてはならないプロピレングリコールのように制限が設けられているものもあります。

制限があるのはそれ以上の使用は安全ではないかもしれないという意味であり、安全が確認できていないのなら、制限を設けるのは当然のことと言えるでしょう。

ここで問題だと感じるのは、 この他の添加物に対しては国が安全を認めたという前提があるので、制限もなければ規制する法律もありません(近畿地方環境事務所の担当の方にお聞きしました)。
法規制がないので、その他の添加物は製造メーカーの思うままに入れてもなんの問題もないということです。

 

ペットフード 添加物 原材料

 

価格的に考えても石油由来、あるいはレンダリング工場で製造されたものかも知れないミネラル類ビタミン類。見た目の綺麗さのために使われている着色料。長期保存には欠かせない酸化防止剤の数々。

これらの添加物はその安全性はもとより、どれほど入れるのかは製造メーカー次第だと言うのです。

またペットフードに使われる添加物は、成分名は表示するように決められていますが、使われた加工助剤については表示義務はありません。加工助剤とは、食品を作る時に使われる添加物の一種です。しかし様々な理由から、表示義務はありません。
(加工助剤について詳しくはこちらの記事へ↓
加工助剤とは?なかったことにされる添加物たち

人が口にする食品においても表示義務のない加工助剤ですが、ペットフードのも同じように表示を省略することができます。

 

ペットフード 加工助剤
出典 環境省 加工して作成

 

犬は私たちを癒してくれる存在であるにも拘らず、法律的には人間の所有物であり、命としての扱いではありません。ペットフードの添加物に関する規制は人間と同等ではないのです。

 

犬

 

このように作られたとても安価なペットフードは、ペットはもちろん、小さな子供が間違って食べてしまったらと思うと怖くなります。
ペットフードは完全栄養食ではありません。人で言うところのインスタント食品と考えるべき食べ物でしょう。

 

安全なドッグフードのすすめ

 

残念ながら、国産が安心とは言い切れないのが現状です。では日本製ではなく、海外製はどうでしょうか。

アメリカならAAFCO(全米飼料検査官協会)、ヨーロッパならFEDIAF(ヨーロッパペットフード産業同盟)の基準をクリアしなければ、製造することは出来ません。
こちらを選ぶのもひとつの方法です。日本より少しは安全と言えるでしょう。

手作り食も難しく考えることはない選択肢の一つです。
犬の食べられないネギ類は避け、塩分と脂肪を摂り過ぎないようにさえすれば、家族同様の食事をとりわける形で気軽にできるのではないでしょうか?

 

ペットは大切な家族です。
ずっと健康でいて欲しいですし、もの言わぬ家族ですから、私達が彼らの一生涯を大切に守ってあげなければならない存在だと思います。

日本消費者連盟が参考に書いているペット手作り食の本を案内しておきます。
(獣医師の須崎先生は、オリジナルで安全なドッグフードも作られていますよ^^)

 

ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん /須崎恭彦(著者)

ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん /須崎恭彦(著者)

 

関連記事はこちら↓
ドッグフードの原材料に唖然。安価なドッグフードには要注意







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ