ドッグフードの原材料に唖然。安価なドッグフードには要注意

犬や猫を飼っている人は多いと思います。お子さんの健康を気遣うように、ペットの食事生活にも気を遣っていますよね。
きっと本当の我が子のように大事にされていることでしょう^^

 

dog food

 

今回はペット、特に犬の食事生活について見ていきます。

 

 

犬の健康は崩れ去った…ドッグフードは完全食なのか?

 

ペットを想い、獣医師さんの勧めで、ドッグフードしか与えていませんとおっしゃる飼い主さんも沢山います。私もかつてはそうでした。

ドッグフードのことを計算された完全食のように思っていました。

しかし一昔前に聞いた犬の病気といえば、狂犬病かジステンバー、フィラリアぐらいしかありませんでしたが、今では癌に始まり糖尿病から心臓病、皮膚疾患、花粉症まで…人間と同じ病気の犬が多い気がしませんか?

猫だってそうですよね。なぜそんなことになったのでしょうか。

昔のワンちゃん猫ちゃんと現在のワンちゃん猫ちゃん、どこがどう変化して、そんなことになったのでしょう。

ドッグフードが普及するようになってから、犬に変化が起きてきた気がします。
犬は健康になったのでしょうか?
ドッグフードは完全栄養食なのでしょうか?

 

子犬

 

まず最初に知っておかねばなければならないのは、日本の法律では、犬や猫は生き物ではないという事です。

 

法律の前ではペットはただの所有物。「モノ」に与えるフードの基準は甘い

 

日本の法律の上では、犬は家族ではありません。
車や鞄のように人の所有物です。

少し前の事件で盲導犬のオスカー君(ラブラドール レトリバー)が何者かに刺されて怪我をした時の、犯人に対しての罪状は器物破損罪でした。
「オスカー 盲導犬」などで検索すると多数ヒットします。(後にオスカー君は皮膚の病気だったと言われたりで、真相ははっきりしませんが…)

これはつまり、もし犬に怪我をしても、犬は器物ということなんですよね?
物扱いです。心が痛む事件です…

このことからも分かるように、犬は所有物扱いですから、人間の為にある食品衛生法のような厳しい規制はドッグフードにはありません。しかし法律としてはこのようなものがあります。

それは2008年6月に成立した「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」と言います。

この法律には、ペットフードの基準や規格に合わせなければならないことや、有害な物質を入れてはいけないし、もし有害な物質が入っていれば破棄することを命じられると書かれています。

 

ペットフード安全法
出典 環境省

 

ドッグフードはこのペットフード安全法を満たせば合格となり、販売されます。

どこの業界でも多くのメーカーでは、いかに利益を上げるかという事が優先されます。
犬の健康よりも前に、まずは利益を出さなければ企業として成り立ちません。

ドッグフードの中には利益を第一に追求するメーカーもあり、その中身に驚くものも存在します。
では、どんな原材料がドッグフードに使われているのでしょうか。

 

私たちの想像とは異なるドッグフードの原材料

 

ドッグフードの原材料は、大まかに分けて、

穀物類、でん粉類、油脂類、魚介や魚及び肉類、卵、野菜、果物、キノコ類、藻類、ミネラル類、アミノ酸類、乳類、ビタミン類

になります。

穀類、でん粉類では、トウモロコシや小麦や米、芋等を砕いていると誰もがそう思う事でしょう。真面目なドッグフードメーカーならそうだと思います。

しかし利益を出そうとしたら、米ならお値段の高い新米より古米、もう少し安い古古米、海外からの輸入米も使うでしょう。

油脂類は日本のドッグフードの定義では、「全ての動物及び植物から得られる油脂及び加工油脂、脂肪酸類」となっています。これは後で述べるレンダリング工場で加工されたものも含まれるようです。

肉類は「動物の体又は体の一部から生じる全ての副生物及びその加工物」となっています。

 

一見すると何の問題もないように見えますが、
つまりこれは何のことなのか、いまいちよくわからない書き方ですよね。

AAFCO(米国飼料検査官協会)はこのように肉副産物を定義しています。
「肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、および部分的に脱脂された低温脂肪組織、および内容物を含まない胃や腸など、と殺された動物の肉以外の精製されていないが清浄な部位」…つまり「肉副産物」とは、「肉」そのもののことではありません。

レンダリング工場(畜産処理加工処理工場)で作られた油脂や肉片を使っています。
レンダリング工場とは、いったいどんな工場なんでしょうか?

 

レンダリング工場ってどんなところ?

 

日本の畜産業界では、生産した牛、豚、鶏は、決められた屠畜場で食肉加工されます。

 

ミンチ

 

これが私たちがスーパー等で購入するお肉になるわけです。
でも、私たちが食べる部分以外に残る部分がありますよね。

もうお分かりかもしれませんが、日本畜産副産物協会によると、屠畜場で食肉をとった残りがレンダリング工場に運ばれるとのことです。

ここで怖いのが、ドッグフードの原材料には、病気の部分で食肉に適さない肉(日本の豚肉の4割近くは病変部位だと言われています)も含まれているようなのです。

 

犬

 

ドッグフードは本来破棄される病変部位も原材料となりうる

 

レンダリング工場で加工されたものを原材料として、ドッグフードの裏には肉類(ビーフミールやチキンミール)、油脂類(動物性油脂)、フェザーミールなどと表記されます。

これらは私たちが想像する、スーパーに並ぶようなきれいなお肉ではありません。私たちの食卓に並ぶ食肉以外の部位を、全て砕いて細かくしたものです。

特に気になるのは、この原材料の中にもともと病変部分であったものが、ドッグフードとして使われることがあるということです。

病変部位の多くがペットフードに回されることについて、第169回国会環境委員会では議論が交わされました。

 

家畜の病変部位 ペットフード
出典 国会会議録探索システム

と畜検査 解体の流れ 病変部位 ペットフード 議論
出典 国会会議録探索システム 加工して作成

 

豚肉の病変について関連記事はこちら↓
豚肉に潜む危険性。豚に抗生物質はどうしても必要なの?

 

大豆ミールも油を摂った残りかすの部分なので、栄養的にどうかという意見もあります。海外からの輸入大豆なら遺伝子組み換えポストハーベスト等々の問題もあります。
チキンミールは私たちが日ごろ口にしない部分も含まれている可能性も否定できません。
フェザーミールはいわゆるフェザー(羽)を細かく砕いたもの、鶏の羽を砕いたものになります。

中身を知ると、可愛い家族の犬にこのようなドッグフードを選ぶのはためらいますね。

愛情たっぷりの手作り食という手もあります。
動物には食べられない食材もありますから、作る際には本などを参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん /須崎恭彦(著者)

ナチュラル派のためのネコに手づくりごはん /須崎恭彦(著者)







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ