一滴のハーブも入っていないアロマはアロマと言えるのか?

私は時々エッセンシャルオイル(アロマオイル)を使います。
エッセンシャルオイルを楽しんでいる時は、リラックスできる至福の時間です。

先日も夜行バスを利用する予定だった娘がバスの中でゆっくり眠れないと言うので、手持ちのラベンダーをティッシュに数滴垂らし、ジッパー付きの小袋に入れて持たせました。

翌日LINEで驚きを伝えてくれました。

 

アロマ LINE

 

後日話を聞くと、バスに乗って眠れそうになく、試しにラベンダーを嗅いで見たらすぐに眠気に襲われ、朝まで爆睡だったとか。興味津々で色々聞いてくるので、よほど気に入ってくれたようです^^

***はじめに***
エッセンシャルオイルはアロマオイルの中でも100%天然精油のものを言います。

 

 

エッセンシャルオイルの効果効能

 

日本ではエッセンシャルオイルは香りを愉しむ、またはマッサージのように使うのが一般的ではないかと思います。

以前香りに詳しい友人から色々と学ばせて貰う機会がありました。
驚いたのはヨーロッパでは処によって、医師の資格のある人しかエッセンシャルオイルを扱えず、またその力は治療の際に医師が処方する薬にも匹敵するということです。

友人の熱弁により、エッセンシャルオイルは思っていた以上に役立つことがわかってきました。
その素晴らしさを知ってから、我が家では必要なオイルは常備することにしています。

 

アロマ

 

価格は種類にもよりますが、15mlあたり2000円~5000円くらいでしょうか。
でも世の中にはもっと安く、手軽に買えるものもありますね。中身に違いはあるのでしょうか。

 

100均に並ぶハーブアロマオイルの数々

 

どこのメーカーのものかは分かりませんが、アロマオイルを初めて100均で見つけたときは本当にビックリしました。売り場には何種類も並んでいます。先日その一つを手に取りました。
パッケージの表にはハーブアロマオイルと表示されています。内容量10ml、日本製です。

 

合成アロマ

 

100円で売られているってどういう事なのでしょう。さっそく成分表示を確かめます。

商品名はハーブアロマオイル(カモミール)となっています。
内容成分は、界面活性剤、エタノール、香料と書かれています。

 

合成アロマ 原材料

 

添加物の文字しか見当たりません。これはいったい何なのでしょうか?
これではアロマとは言えません。アロマに似た何か、です。

 

どんな界面活性剤が使われているかは判断不能

 

日本界面活性剤工業会によれば、界面活性剤は大まかに分けると4つに分類されます。

 

界面活性剤分類
出典 日本界面活性剤工業会

 

界面活性剤は用途によって使われる種類が決まります。その種類によっては危険性が高いものがあり、注意が必要です。
今回取り上げているアロマに似た合成の物に、どれが使われているのかは一見しただけでは私たちには判断できません。
(合成界面活性剤について詳しくはこちらの記事へ↓
ひび割れは健康障害!?細胞破壊の合成界面活性剤ー台所洗剤編

 

刺激があるエタノール

 

エタノールは防腐や、収斂作用、殺菌作用、可溶化剤としてまた乾燥促進剤の役目があります。主に消毒として使われ、アロマオイルを希釈する時にも使います。
日用品では化粧品に使われることが多く、アストリンゼント、ローション類、ヘアスプレー、マネキュアなどに使用されています。

エタノールを使う事による副作用は過敏症状や皮膚の刺激、発疹などです(もちろん個人差はあります)。

エタノール 副作用
出典 医師たちがつくるオンライン病気事典 MEDLEY

 

人と環境に悪影響の合成香料

 

天然アロマではなくハーブも入っていない、アロマに似たこの格安製品の香料は、もちろん天然ではないことは明らかです。ハーブが使われているのならそのように表示されているでしょうし、あれほどの低価格で提供することはまず不可能です。合成香料と見るのが自然です。

合成香料の多くは、環境にも悪影響を及ぼします。

 

合成香料 環境汚染
出典 熊本大学 加工して作成

 

香料の影響力は体に対しても大きく、単に匂いを嗅いだだけだと思っていても、鼻の粘膜から瞬時に脳まで達し、体にも行きわたっているのです。

粘膜吸収
赤ちゃんが匂いを嗅いでいなくても、母親が嗅いでいれば、母乳を通してその成分は赤ちゃんにも影響します。

 

香料 母乳
出典 熊本大学 加工して作成

 

成分を見て本物を選ぶべき

 

格安のアロマに入っている原材料を見れば、アロマオイルでリラックスどころか病気のリスクが多くあることがわかります。

この製品は合成の化学物質しか使われていないにも関わらず、パッケージにはハーブアロマオイルと書かれていました。しかも日本製です。成分を確かめずに購入した消費者は、日本製のアロマオイルが安く買えたと思うでしょう。

この表示が許可されていること自体、私には納得し難いものがあります。
これは嘘偽りではないですかと訊いてみたところで、ちゃんと国の許可の範囲内で製品を作っているメーカーは、今後も同様の製品を作り続けることでしょう。

体や環境を害するアロマオイルもどきではなく、娘が驚いたような、効果のある本物のエッセンシャルオイルを安心して楽しんでほしいと思います。







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ