秋の簡単レシピ集~安全に健康に旬をいただこう~

旬の食材は栄養価が高い上に美味しくて価格も安いですよね。
秋のシーズンに出回る旬の食材を使って、簡単な安心レシピをご紹介します♪

 

骨まで食べられる簡単 魚レシピ & 煮汁でもう一品!

 

圧力釜をお持ちなら、生の魚が骨まで食べられる調理法があります。
今日は秋刀魚を使ってみましょう^^

 

材料4人前

秋刀魚・・・3尾(頭とはらわたと尾びれは取り除き4つに切る)
生姜・・・・ひとかけ(薄くスライスする)
砂糖・・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
醤油・・・・大さじ2
酒・・・・・大さじ2
水・・・・・1/2カップ

 

圧力釜に材料すべてを入れて火にかけます。
圧が上がってきたら弱火にして20分~30分ほど炊きます。
火からおろし、圧が下がるのを待ちます。

これで完成です。

 

秋刀魚煮物

 

秋刀魚が一番出回る旬の時期に作ると脂も乗り、美味しく1尾100円ほどで出来るので、家計にも優しい一品です。鰯でも同じ要領で作れますよ^^

私は残った煮汁は捨てず、もう一品のお出汁にします。
冷蔵庫に残っている食材を入れて炊くだけです。

秋刀魚を取り分けて残った煮汁に、今日はコンニャク、木綿豆腐、仕上げにピーマンを入れました。これに合う食材は、他に長ネギ、厚揚げ、キノコ類でしょうか。
強火で味を浸み込ませるのがコツです。

 

煮汁で煮物

 

 

100円で出来るなめたけ茶漬け

 

以前もご紹介しましたが、普通に買うと添加物が意外に入っているなめたけ茶漬けも、自分で簡単に作れます。インターネットで色々簡単レシピが紹介されています^^
うちのレシピはちょっと甘めかも知れません。

 

材料

えのきたけ(普通サイズの物)
みりん・・・・ 25ml
料理酒 ・・・25ml
醤油 ・・・・・25ml
砂糖 ・・・・・大さじ1

 

調味料すべてを鍋に入れ、沸騰したら、カットしたえのきたけを入れて蓋をする。
じきにえのきたけがしんなりするので、火を止める。

どうでしょうか。簡単ですよね!

 

手作りなめたけ茶漬け

 

料理酒を入れずに砂糖を多くすると、水分の少ないなめたけ茶漬けにも出来ます。
温かいご飯にのせて食べると美味しいですし、冷ややっこの上に乗せたりもします。色々な食べ方が出来る一品です。
えのきたけは特価で100円程度で売ってますから、安心な上にお得感もありますね^^

 

頂き物のすだちで自家製すだちポン酢

 

秋のシーズンにご近所から「田舎から送ってきた」と、すだちを頂きます。
お鍋の時にフレッシュなすだちを絞り、醤油を入れてポン酢で美味しく頂きます。

 

すだち

 

それでもたくさん頂いて、すだちが黄色くなるまで置くのは
せっかくの新鮮さが失われて勿体ないですから、自家製すだちポン酢を作ります。

 

材料

すだち・・・5~6個(絞って種は取り除く)
醤油・・・・125ml
米酢・・・・50ml
日本酒・・・100ml
昆布・・・・5㎝角(適当に切っておく)

 

日本酒に切った昆布を入れて、一煮立ちさせて冷ましておく。
冷めたら残りの調味料を加える。
これで完成です、あとは煮沸消毒した容器に移し入れるだけですね。

手作りポン酢

 

水が一滴も入ってませんから、材料のもともとの保存性のおかげか、冷蔵庫などの涼しいところで保管すれば、一年間は保存可能です(すぐ使っちゃいますけど)。

すだちを他の柑橘系に変えても出来ると思います。

秋のシーズンには、こんな自家製レシピを試してはいかがでしょうか^^







こちらから素敵なサイト様に出会えます。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 健康ブログへ

top banner
サブコンテンツ

このページの先頭へ